内田也哉子謝辞(弔辞)全文は?英語の意味がかっこよすぎる!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





引用:https://www.fnn.jp


内田也哉子謝辞(弔辞)全文は?英語の意味がかっこよすぎる!と話題です。肺炎のため3月17日に79歳で亡くなった内田裕也さんのお別れ会が4月3日に行われ、そこで娘・内田也哉子さんが述べた謝辞(弔辞)が大きな反響を呼んでいますよね。そこで今回は、内田也哉子謝辞(弔辞)全文は?英語の意味がかっこよすぎる!という話題について徹底的に調べてみました!ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

内田也哉子の謝辞(弔辞)全文は?

内田也哉子さんの父でありロック歌手の内田裕也さんのお別れ会「内田裕也 Rock’n Roll葬」が、2019年4月3日に東京・青山葬儀場にて営まれました。

内田裕也さんが肺炎のため79歳で亡くなられたのが3月17日

妻である樹木希林さんが天国へ旅立ってからわずか半年後のことでしたよね。

この内田裕也さんのお別れ会には

・堺正章さん
・崔洋一監督
・秋元康さん
・歌手のAIさん
・ロックミュージシャンの鮎川誠さん

など、親交があった業界関係者やファン約1700人が参列。

親交の深かった堺正章さん崔洋一監督らが弔辞を、そして歌手のAIさんが献歌をささげました。

その中で、喪主を務めた娘の内田也哉子さんがお別れ会の最後に述べた謝辞(弔辞)非常に大きな反響を呼んでいます。

そんな謝辞(弔辞)全文がコチラ。

本日はお忙しいところ父・内田裕也のロックンロール葬にご参列いただきまして、誠にありがとうございます。親族代表としてご挨拶をさせていただきます。

私は正直、父をあまりよく知りません。

”わかりえない”という言葉の方が正確かもしれません。

けれどそれは、ここまで共に過ごした時間の合計が数週間にも満たないからというだけではなく、生前母が口にしたように

「こんなに分かりにくくて、こんなに分かりやすい人はいない。世の中の矛盾を全て表しているのが内田裕也」

ということが根本にあるように思います。

私の知りうる裕也はいつ噴火するか分からない火山であり、それと同時に溶岩の間で物ともせずに咲いた野花のように、清々しく無垢な存在でもありました。

率直に言えば、父が息を引き取り、冷たくなり、棺に入れられ、熱い炎で焼かれ、ひからびた骨と化してもなお、私の心は涙でにじむことさえ戸惑っていました。

きっと実感のない父と娘の物語が、始まりにも気付かないうちに幕を閉じたからでしょう。

けれども今日この瞬間、目の前に広がるこの光景は私にとっては単なるセレモニーではありません。

裕也を見届けようと集まられたおひとりおひとりが持つ父との交感の真実が目に見えぬ巨大な気配と化し、この会場を埋め尽くしほとばしっています。

父親という概念には到底おさまりきれなかった内田裕也という人間が、叫び・交わり・かみつき・歓喜し・転び・沈黙し・また転がり続けた震動を皆さんは確かに感じとっていた。

「これ以上、お前は何が知りたいんだ。」

きっと、父はそう言うでしょう。

そして自問します。

私が父から教わったことは何だったのか?

それは多分、大げさに言えば”生きとし生けるものへの畏敬の念”かもしれません。

彼は破天荒で時に手に負えない人だったけど、ズルい奴ではなかったこと。

地位も名誉もないけれど、どんな嵐の中でも駆けつけてくれる友だけはいる。

「これ以上、生きる上で何を望むんだ。」

そう聞こえています。

母は晩年、「自分は妻として名ばかりで、夫に何もしてこなかった」と申し訳なさそうにつぶやくことがありました。

「こんな自分に捕まっちゃったばかりに…」と遠い目をして言うのです。

そして半世紀近い婚姻関係の中、折々にに入れ替わる父の恋人たちにあらゆる形で感謝をしてきました。

私はそんなきれい事を言う母が嫌いでしたが、彼女はとんでもなく本気でした。

まるで、はなから”夫は自分のもの”という概念がなかったかのように。

もちろん、人は生まれ持って誰のものではなく個人です。

れっきとした世間の道理は承知していても、何かの縁で出会い、夫婦の取り決めを交わしただけで、互いの一切合切の責任を取り合うというのもどこか腑に落ちません。

けれども、真実は母がそのあり方を自由意思で選んでいたのです。

そして父も、1人の女性にとらわれず心身共に自由な独立を選んだのです。

2人を取り巻く周囲にこれまで多大な迷惑をかけたことを謝罪しつつ、今更ですが、このある種の”カオス”を私は受け入れることにしました。

まるで蜃気楼のように、でも確かに存在した2人。

私という2人の証がここに立ち、また2人の遺伝子は次の時代へと流転していく。

この自然の摂理に包まれたカオスも、なかなか面白いものです。

79年という長い間、父が本当にお世話になりました。

最後は、彼らしく送りたいと思います。

Fuckin’ Yuya Uchida,

don’t rest in peace just Rock’nRoll !!

 

いかがですか?

まるで詩を読んでいるかのような美しくユーモアのある言葉選び文才、センスに惹きつけられますよね。

では、この謝辞(弔辞)の中で最も反響の大きかった最後の英文についても詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

内田也哉子謝辞(弔辞)の英語の意味は?

内田也哉子さんの謝辞(弔辞)は、先述した通り最後に内田裕也さんに向けた英語の文章で締められています。

この英文の意味はコチラ。

Fuckin’ Yuya Uchida
内田裕也のくそったれdon’t rest in peace
安らかに眠るなjust Rock’nRoll !!
ロックンロールであれ!!

 

最後の部分は、

「安らかに眠るんじゃねぇ、(天国でも)ただロックンロールであれ!!」

といったニュアンスであるように個人的には受け取りました。

内田裕也さんのロック魂とともにも含まれた、とても素敵でかっこいい文章ですよね。。

内田裕也さんにピッタリの贈る言葉だと感じますが、どうやらNHK的にはNGなようで放送では省かれていたとのことです^^;

ここの英文を省いてしまうのは、せっかくの内田也哉子さんの謝辞(弔辞)が勿体ないですね…

実は崔洋一監督も弔辞の締めに「安らかに眠るな」という言葉を内田裕也さんに送っているんです。

通常であれば故人には「安らかにお眠りください」という言葉を贈るのが一般的ですが、やはり内田裕也さんに”安らかに眠る”のは似合わないと感じているのでしょう。

皆さんの内田裕也さんに対する愛情を感じますよね。

では、そんな内田也哉子さんの謝辞(弔辞)に対しする世間の反応も調べてみました!

スポンサーリンク

内田也哉子の謝辞(弔辞)に対する世間の反応は?

内田也哉子さんが父・内田裕也さんのお別れ会にて披露した謝辞(弔辞)に対して世間ではどんな反応がされているのか、ネット上の実際の声をご覧ください。

このように、内田也哉子さんの言葉の選び方や文章力を絶賛する声が続出!

芸能人の方が読む弔辞はこれまでも話題となるこが多かったですが、その中でもこれほど人を惹きつけ、

「こんな弔辞(謝辞)聞いたことがない」

と反響を呼ぶことはなかったのではないでしょうか?

内田也哉子さんと同じくエッセイストの犬山紙子さんは、内田也哉子のさんのこの文章を読み

「自分が同じエッセイストと名乗ることが恥ずかしい」

とツイートされていましたよ。

https://twitter.com/inuningen/status/1113622412703064065

もともとの文章力言葉選びの才能・センスに加え、樹木希林さん・内田裕也さんというロックな両親の血を引いている内田也哉子さんだからこそ書ける弔辞(謝辞)という感じですよね!

さてこの素晴らしい弔辞(謝辞)にて内田也哉子さんの才能を目の当たりにすると、内田也哉子さんがこれまでに出版したエッセイ(本)が気になっているという方も多いのではないでしょうか?

そこで、続いては内田也哉子さんのオススメのエッセイ(本)についてご紹介していきましょう。

内田也哉子のエッセイ(本)のオススメは?

内田也哉子さんの謝辞(弔辞)を聞き、「内田也哉子さんのエッセイを読んでみたくなった」という声が多く上がっています。

そんな内田也哉子さんが出版したエッセイがコチラ。

●ペーパームービー(1996年)
 朝日出版社
 
クリック→ペーパームービー【電子書籍】[ 内田也哉子 ]

 

●会見記(2001年)
 リトルモア
クリック→『中古』会見記

 

●親と子が育てられるとき(2002年)
 岩波書店
クリック→『中古』親と子が育てられるとき—Quiet Garden (岩波アクティブ新書)
 
※志村季世恵と共著

 

●BROOCH(2004年)
 リトルモア
クリック→ブローチ / 内田也哉子 【本】
 

内田也哉子さんの文才やセンスが存分に発揮されている書籍をぜひご覧になってみてくださいね!

※在庫切れとなっている場合もあります。

最後に、内田也哉子さんのプロフィールをご紹介します。

内田也哉子のプロフィール

名前:内田 也哉子(うちだ ややこ)
生年月日:1976年2月11日
出身地: 東京都
職業:エッセイスト、女優 、歌手
配偶者:本木雅弘(1995年~)
著名な家族:父・内田裕也
母・樹木希林
長女・内田伽羅

内田也哉子謝辞(弔辞)全文は?英語の意味がかっこよすぎる!まとめ

内田也哉子謝辞(弔辞)全文は?英語の意味がかっこよすぎる!とい話題について調べてみましたが、いかがでしたか?
こんなに惹きつけられる弔辞(謝辞)を聞いたのは初めてだと、心震わされた方が多いと思います。
最後の英文も最高にロックでかっこいいですよね!
きっと内田裕也さんも天国で娘・也哉子さんからのメッセージを受け取り、「ロックンロール!」と微笑まれているのではないでしょうか?
これを機に、内田也哉子さんのエッセイを読む方が増えそうです^^

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク