松田龍平は演技下手?身長サバ読みの疑惑を徹底検証!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





引用:https://movie.smt.docomo.ne.jp


松田龍平は演技下手?身長サバ読み疑惑が話題となっています。芸能一家に生まれた松田龍平さん。実力派俳優としてその演技力が知られるだけでなく、醸し出す独特な雰囲気も魅力の1つ。しかし一方で実は演技が下手という声も。今回は、松田龍平は演技下手?身長サバ読みの疑惑を徹底検証してみました!是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

松田龍平のプロフィールと経歴

松田龍平さんプロフィール

松田龍平

引用:https://www.cinematoday.jp

名前:松田龍平(まつだりゅうへい)
生年月日:1983年5月9日(2018年10月現在35歳)
出身地:東京都杉並区
ジャンル:映画、テレビドラマ
活動期間:1999年-
所属事務所:舞プロモーション→オフィス作

俳優松田優作さんと女優松田美由紀さんの長男として誕生。

小学生の頃にサッカーを始め、中学時代には横河電機ジュニアユースに所属。短期間ながら、イタリア・セリエAのジュニアチームにも参加していました。将来プロのサッカー選手を目指していたそうです。

中学3年生の時、映画「御法度」の主役を監督直々に要請されます。自分に出来るわけがないという思いと高校受験の理由に1度は断ったものの、受験後なら可能かと聞かれ断る理由がなくなってしまいます。最終的に、松田龍平さん自身で俳優の道に進む事を決めました。

1999年、映画「御法度」でデビューを果たします。同作品で、日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞など、その年の新人賞を総なめにしました。

堀越学園高等学校に通っていましたが、行く理由を見失っていた為中退。

以降、2004年「夜叉ケ池」で舞台初主演、NHK大河ドラマ「天地人」(2009年)、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)、映画「探偵はBARにいる」シリーズ(2011年~2017年)などに出演。出演は、テレビドラマより映画作品の方が多い様ですね。

2018年10月期のテレビドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ)に、毒舌会計士兼税理士として出演しています。

名俳優松田優作さんの長男という、それだけで非常にプレッシャーですよね。
しかし、松田龍平さんは、お父様に負けないくらい数々の話題作に出演し、名演技を見せている様ですよ。

では、松田龍平さんのこれまでの出演作や役柄について細かく見ていきましょう。
これまでどんな役を演じてきたのでしょうか。

続いて、松田龍平の主な出演作一覧!作品ごとの役柄は?について調べてみました。

スポンサーリンク

松田龍平の主な出演作一覧!作品ごとの役柄は?

松田龍平の主な映画出演作をピックアップしてみました。

御法度(1999年)

大島渚監督の遺作で、他出演者にビートたけしさんや浅野忠信さん、音楽は坂本龍一さんと豪華な顔ぶれ。

松田龍平さんは高い剣術と美貌を持った無表情で感情の読めない剣士を演じました。ミステリー要素もある衆道(同性愛)なお話で、男性同士の絡みなどもあり、デビュー作品にしては難役だったのではと感じます。

そんな難役を中学3年生で見事演じ切った松田龍平さんには称賛の声が多数上がり、色白で切れ長な目が美しく、妖艶だったと魅入られた方が続出しました。評価通り、その年の新人賞を総なめにしました。

青い春(2002年)

松田龍平さんと新井浩文さんのW主演でした。

不良学生たちの青春を描いた作品で、暴力や未成年の喫煙、殺人といった表現が多く含まれています。当時、10代の殺人事件が社会問題になっていた時期でもあり、松田龍平さんの所属事務所は出演を反対。しかし、松田龍平さんは、「脚本が面白く絶対にやります」と譲らなかったそうです。

本作品で松田龍平さんが演じたのは、無気力、何事にも臆さず冷徹、何を考えているのか分からないという恐ろしさを持つクールな高校生。存在だけで周囲を圧倒する様な演技や放つオーラが評価されています。

まほろ駅前多田便利軒(2011年)

便利屋に舞い込む、きな臭く奇妙な依頼に関わりながら、様々な人間模様を描いた作品。

便利軒店主多田を瑛太さん、その友人行天を松田龍平さんが演じました。「まほろ駅前番外地」(2013年テレビ東京)、映画「まほろ駅前狂騒曲」(2014年)が続編としてシリーズ化しました。

責任感が強くお人よしな瑛太さん演じる多田と、飄々として掴みどころのない行天のコンビが面白いと高評価です。一見脱力系というか、人生終わっている感が出ている作品ですが、根底には2人の覚悟が垣間見えます。

https://twitter.com/lamianumai/status/999090364442013696

探偵はBARにいる(2011年)

推理小説が原作。大泉洋さんとのW主演。

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(2013年)「探偵はBARにいる3」(2017年)のシリーズもの。
北海道は札幌ススキノを舞台に、大泉洋さん演じる探偵と松田龍平さん演じる助手兼運転手が様々な厄介ごとに巻き込まれていく様を描いています。

どこか抜けている探偵と、現役農学部学生で空手の達人だけどやる気の無さそうな助手。このデコボココンビのコミカル且つハードボイルドな演技が見どころ。松田龍平さんは無口でほぼ無表情。格闘シーンすら颯爽と演じます。

舟を編む(2013年)

宮崎あおいさんとのW主演。

国語辞典「大渡海」の編纂を通して辞書の世界に没頭していく様を描いた作品です。「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」。「大渡海」に「舟を編む」納得です。

松田龍平さんが演じたのは、コミュニケーション能力の低さから厄介者扱いされる編集者。これまで演じてきたクールな役柄とは打って変わって、世間の常識とかけ離れた所で生きている地味な草食系男子

こんな役も出来るのかと演技の幅を見せた作品でした。絶賛された本作品での演技で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しています。

数々の賞を受賞し、演技派俳優の1人であると言える松田龍平さん。しかし一方では、演技が下手という評価もある様なのです。聞き捨てらならないですね。

続いて、松田龍平の演技の評判は?大根役者と言われる理由は?について調べてみました。

スポンサーリンク

松田龍平の演技の評判は?大根役者と言われる理由は?

松田龍平さんが演じてきたのは、クールで寡黙、癖があるといった役柄が多い傾向です。王道ヒーローや感情剥き出しで大声をあげるとか、表情が七変化する様な役柄はほぼ演じてきていません。

台詞もボソボソと発し、棒読みに聞こえなくもなく、無表情で飄々とした演技の為、それを下手ととる方もいる様です。しかし、それが松田龍平さんの演技力だと評す声も多くありました!台詞よりも存在感や雰囲気で魅せる俳優なのではと感じますね。

無表情にバリエーションがあるってすごくないですか!!

ともあれ、こういった演技をする人が好きではない人からしたら、松田龍平さんの演技は下手に見えるでしょうね。好みが極端に分かれる俳優なのかもしれません。

また、絶望的に下手と言われてしまったドラマがあります。

テレビドラマ「カルテット」(2017年TBS)での役柄はヴァイオリニスト。もちろんヴァイオリンを演奏するシーンがあるのですが、その姿があまりにも不自然だった様なのです。

https://twitter.com/39_azumin_azu_/status/1037551611860549637

松田龍平さんはヴァイオリン初心者です。プロの演技指導があったとしても短期間でしょうし仕方ない事だと思いますが。長年ヴァイオリンを嗜んできた人から見たら、そりゃ下手でしょうね。

では、改めて松田龍平さんの演技力について共演者などからの評価の声を紹介します。

「御法度」の監督大島渚監督は、「一目見てこれでいけると思った、早くに父を亡くし人間が持っている優しさ、強さを持っている気がする」。

数々の作品で共演しプライベートでも親交の深い瑛太さんは「龍平にしか出来ない役というのがあって、しかも作品の中で求められている以上のものを見せている、松田龍平という俳優に興味があるし、刺激をもらっている」。

松田龍平さんの演技力は本物だと思います。無表情で感情の起伏が少ない役を違和感なく自然に演じる事はとても難しい事で、それを松田龍平さんは見事に演じ切っています。紛れもなく高い演技力の持ち主です。

松田龍平さんと言えば、言わずと知れた芸能一家の生まれです。松田一家の顔ぶれを改めて見ていきましょう。

続いて、松田龍平は芸能一家!両親や兄弟は?について調べてみました。

松田龍平は芸能一家!両親や兄弟は?

松田龍平さんは、知らない人はいないのではという程の両親から生まれています。お父様は昭和の名俳優松田優作さん。「太陽にほえろ」での演技で人気を博しました。

松田優作

引用:https://twitter.com

「ブラック・レイン」(1989年)でハリウッドデビューもしているんですよ。

しかし、40歳という若さで膀胱癌腰部転移によりご逝去されました。
当時松田龍平さんは6歳。松田龍平さんはあまりお父様の事を覚えていないとの事。無理もないですよね。

しかし、覚えているエピソードもある様です。

松田龍平さんから見る父松田優作さんは、「超怖い人だった」そうです。「子供だった自分を男として見ていた、厳しいなんてもんじゃなく、自転車ごと投げられた事もある」との事。何をしでかしたのやら。

あまり覚えていないとは言え、お父様が昭和を、日本を代表する名俳優である事は事実。

「幼少期から、「あれって松田優作の息子だよ」と言われ続けた事は特別な環境で、息子である事を隠したい気持ちもあった。仕事を通して出会いや縁を感じた時、自分1人の力じゃない、全部オヤジが仕組んでいるのかと思うくらい、いろんな事が合致する瞬間がある」と語っています。

常にお父様の存在を感じている様ですね。

「どうしても父親にはなれない事、なれないのに背伸びする辛さを感じていた時期もあったが、13回忌を機に、改めて父親の事を考え分かった事もあり、今は整理がついている」とも。

「松田優作の子供」という表現は一生ついて回るでしょう。しかし松田龍平さんの演技には、松田優作さんの遺伝子を受け継ぎつつも、1人の俳優として確立した存在感があります。

演技力が評価されて人気があるのは、「松田優作の子供」だからだけではないのです。

お母様は、女優の松田美由紀さん。テレビドラマ「探偵物語」(1979年~1980年日本テレビ)での共演がきっかけで結婚しましたが、松田優作さんは既婚者でした。不倫の末の再婚というわけですね。

松田美由紀

引用:https://matome.naver.jp

松田龍平さんも所属している「オフィス作」の代表取締役をする傍ら、女優業も継続しています。また写真家としても活動しています。
松田美由紀さんの実姉熊谷真実さんも女優です。松田龍平さんの叔母様にあたりますね。

弟さんは、俳優の松田翔太さん。「花より男子」シリーズや「LIAR GAME」シリーズが有名ですね。松田翔太さんも、俳優として一線で活躍し人気を博しています。先日モデルの秋元梢さんと結婚しました。松田龍平さんの義妹になり、芸能一家の一員が増えましたね。

松田翔太と秋元梢

引用:https://sharelifestyle.info

妹さんは、松田夕姫(ゆうき)さん。エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカルとして活動しています。活動当初は松田家の人間である事を隠していた様ですが、2015年のCDデビューをきっかけに公表したそうです。

松田夕姫

引用:https://twitter.com

家族みんなが芸能人。松田龍平さんは、芸能一家である事を特に意識した事はなかったそうですよ。

そんな松田龍平さんは実は天然キャラ?と言われているそうです。無表情から繰り出される周囲を笑いに包む発言は、そんな性格から来ているのでしょうか。

続いて、松田龍平の性格は天然で人見知り?について調べてみました。

松田龍平の性格は天然で人見知り?

松田龍平さんはドラマや映画以外では、あまりメディアに露出しません。
その為、普段がどんな人なのか見えてきにくいですよね。番宣などでテレビ出演しても、必要な事以外は話さず、あまり笑わない印象。

人見知りな性格なのでしょうか。俳優仲間の証言では、「最初は怖い人だと思ったけど、仲良くなるととても優しく友達を大切にするタイプ」との事。

勝手な印象ですが、媚びたり愛想を振りまいたりとかしないんでしょうね。独自の世界観を持っているというか、裏表がないというか。

また、松田龍平さん実はゲーマーなんだそう。アニメやゲームが学生時代から好きで、休日は自宅に引きこもって1日中ゲームをして過ごしているのだとか。楽屋にゲームを持ち込む事も度々だそうですよ。

突拍子もない発言をする事もあるそうで、実は天然キャラ?なのかも。「あまちゃん」で共演した能年玲奈さんに「アライグマラスカルに似ている」と言われ松田龍平さんはピンとこなかったそう。なぜなら「ラスカル」ではなく「オスカル」だと勘違いしていたそうなのです。ベルばらも似合いますけどね。ww

しかし、仕事となると、かなり真面目でストイックなんだそうです。自分でやると決めた事は責任を持ってやり遂げる。でも、松田龍平さんからしたらそれは普通の事なのかもしれません。

ともあれ、こういった真面目な性格は、共演者やスタッフからの信頼は厚いでしょうね。

松田龍平さんは、仕事にはストイック、マイペースで裏表のない優しい性格の持ち主の様です。

演技力も性格も素晴らしい松田龍平さん。独特な雰囲気が魅力的で、高身長なのも人気のポイント。しかし、その身長について疑惑の声が。

続いて、松田龍平の身長は?サバ読み疑惑の真相!について調べてみました。

松田龍平の身長は?サバ読み疑惑の真相!

松田龍平さんの身長は183㎝と公表されています。

しかし、本当はもっと低いのではと、身長サバ読み疑惑が浮上しているのです。なぜかと言うと、身長178㎝と公表している瑛太さんよりも低く写っているというツーショット写真があったからの様ですね。

身長サバ読み疑惑は俳優あるある疑惑な気がしますが、画像検証してみました。

松田龍平と瑛太

引用:https://kyun2-girls.com

松田龍平さんの方が瑛太さんよりも5㎝高いはずなのに。瑛太さんの方が足を開いているから、さらに低く写るはずなのに。

松田龍平と大泉洋

引用:https://kyun2-girls.com

大泉洋さんは身長178㎝です。この2人の身長差は妥当ですよね。

松田龍平さんの身長183㎝は、若干サバ読みかもしれませんね。それか瑛太さんの身長が本当はもう少し高いのでは?

ちなみにお父様の松田優作さんも身長183㎝と高身長でした。高身長というと世の男性誰もが羨む事の様に思いますが、松田優作さんは、この身長がコンプレックスだったそうなのです。骨を削って身長を落とす事も本気で考えたとか。演じる役によっては、高すぎる身長もデメリットになる事もあるのかもしれませんね。

弟の松田翔太さんも身長181㎝と高身長。奥様の秋元梢さんは身長165㎝。結構な身長差ですよね。
女優との身長差がありすぎると、ツーショットが撮りにくいという事もあるのでしょうか。

https://twitter.com/noraneko_makari/status/1055117627738079232

松田龍平さんの奥様もモデルだった様な。そういえば。

続いて、松田龍平の嫁は誰?すでに離婚?子供は?について調べてみました。

松田龍平の嫁は誰?すでに離婚?子供は?

松田龍平さんは1児のパパなのです。

2007年に友人の紹介で知り合ったモデルの太田莉菜さんと交際に発展し、2009年1月に結婚しています。同年7月には長女が誕生。所謂出来ちゃった結婚ですね。

太田莉菜

引用:https://twitter.com

きれいな方ですねー。日本人とロシア人のハーフらしいですよー。ミラジョボビッチみたい。

交際時にも結婚後にも仲の良い姿が週刊誌にキャッチされていましたが、2015年秋ごろから別居状態にあると2017年2月に報じられました。そして同年12月に離婚が成立。

太田莉菜さんの育児に対する姿勢が離婚の原因ではないかと言われています。

松田龍平さんが仕事の為長期で家を留守にした際、お子さんを松田美由紀さんに預けて、その間に浮気をしていたとか。浮気そのものにも批判が集まりましたが、育児放棄ともとれる子供の扱いに対しての方が批判集中

松田龍平さんという素敵な人がいながら、可愛い娘がいながら。
残念なお話です。太田莉菜さんは結婚当時まだ大学生でしたし、結婚も親になる事も早すぎたのかもしれませんね。

お子さんの親権については情報がありませんが、恐らく松田龍平さんが持っていると思われます。そうであると思いたい。
芸能一家の娘として生まれて、さらには親の離婚。お子さんが可哀そうな思いをする事なく愛情いっぱいに成長出来ると良いなと思います。

最後に改めて松田龍平さんのプロフィールを紹介します。

松田龍平プロフィール

松田龍平さんプロフィール
名前:松田龍平(まつだりゅうへい)
生年月日:1983年5月9日(2018年10月現在35歳)
出身地:東京都杉並区
ジャンル:映画、テレビドラマ
活動期間:1999年-
所属事務所:舞プロモーション→オフィス作

松田龍平は演技下手?身長サバ読みの疑惑を徹底検証!まとめ

松田龍平は演技下手?身長サバ読みの疑惑を徹底検証してみましたがいかがでしたか。人それぞれ好みがありますが、松田龍平さんの演技力はやはり評価が高い様です。あの独特な間と雰囲気が好ましい。身長サバ読み疑惑は疑惑にとどめておきましょう。俳優というのは少し背伸びして身長を測るそうですよ!w
最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク