紀平梨花高校はどこ?姉妹や父親母親のサポートがすごかった!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





引用:https://portal.st-img.jp


紀平梨花高校はどこ?姉妹や父親母親のサポートがすごかった!と話題です。グランプリシリーズデビューとなるNHK杯にて初優勝という日本勢初となる偉業を成し遂げ、話題を集めている日本女子フィギュア界の新星・紀平梨花選手。オリンピック候補として注目している方も多いのではないでしょうか?今回はそんな紀平梨花選手の、紀平梨花高校はどこ?姉妹や父親母親のサポートがすごかった!という話題について調べてみました!

スポンサーリンク

紀平梨花とは?

紀平梨花(きひらりか)選手は3歳の頃に母親・姉とともにアイスリンクに行きスケートと出会い、5歳からスケート教室に通って本格的にスケートを始めました。

紀平梨花選手はこの他にもバレエ体操ピアノなども習っており、当初はお稽古事の1つにスケートがあったという程度だったとか。

しかし2014年から宮原知子選手や本田真凜選手などのコーチを務める“浜田美栄さん”に指導されるようになってから、フィギュアスケートの才能がさらに開花

ジュニア時代から

●女子シングル史上初のフリースケーティング8トリプルジャンプ成功●女子シングル史上初の1プログラム全6種類トリプルジャンプ成功

●女子シングル史上最年少トリプルアクセル成功

●女子シングル史上初のトリプルアクセル-トリプルトゥループ成功

といった記録を残しており、

◎全日本ノービス選手権Aクラス 優勝
◎ジュニアグランプリシリーズ2016 スロベニア大会 優勝 / チェコ大会 2位 / ファイナル 4位
◎ジュニアグランプリシリーズ2017 イタリア大会 3位 / ラトビア大会 2位
◎アジアンオープントロフィー(Jr) 優勝
◎第86回全日本選手権大会新人賞

など数々の大会で

そんな紀平梨花さんの強みは、なんといってもトリプルアクセルを含む6種類の3回転ジャンプが飛べること!

初めて公式戦でトリプルアクセルを決めたのは2016年のスロベニア・リュブリャナ杯でした。

フリー演技でトリプルアクセルを成功させ、見事優勝しています。

これは日本人では伊藤みどり選手・浅田真央選手に次いで3人目、そして世界では史上7人目の記録なんですよ。

2017-2018シーズンでは、浅田真央選手以来の公式戦で2本のトリプルアクセルを決めたことでも話題になりましたね。

そしてジュニアを卒業し、今年2018年からシニアデビューした紀平梨花さん。

シニア初参戦となるブラチスラヴァで行われたオンドレイネペラ杯ではフリーで大技の“トリプルアクセル-トリプルトーループ”単発の3回転半を成功させ、1位の147.37点をマーク!

合計218.16点で、シニアデビュー戦を見事優勝で飾りました。

ちなみにこのフリーのスコアは今季世界最高(当時)であり、合計は今季世界2位(当時)という記録だったんですよ。

このように華々しいシニアデビューとなた紀平梨花選手ですが、これだけではありません!

先日行われた、グランプリシリーズデビュー戦となるNHK杯にてショートプログラムで5位につけると、フリーでは2本のトリプルアクセルを決めるなど1つもマイナスの無い完璧な演技を見せ、日本女子歴代最高点の154.72点を記録。

こちらも日本女子歴代最高点を更新する合計224.31点で、日本勢として初となるグランプリシリーズデビュー戦での初優勝という偉業を成し遂げました!

https://twitter.com/onoyuzu1/status/1061191621633486849

このように、驚愕の成績でオリンピック候補として大注目を集めている紀平梨花選手。

一体どんな方なのか、深堀りしていきましょう!

まずは、現在通っている高校やこれまでの学歴について調べてみました!

スポンサーリンク

紀平梨花の高校はどこ?今までの学歴は?

紀平梨花選手は兵庫県出身で、地元の西宮市立大社小学校→西宮市立上ヶ原中学校と進学してきました。

しかし中学の途中で関西大学中等部に転校しています。

紀平梨花選手は現在“関大KFS”に所属しており“関西大学”のスケートリンクで練習しているので、完全にフィギュアスケートの生活に環境を切り替えるための転校であることがわかりますね。

この関西大学のスケートリンクは織田信成選手高橋大輔選手も育てた良い環境ですから、このまま高校は関西大学の高等部に進学するものだと思われていました。

しかし紀平梨花選手が実際に進学したのは、角川が設立した私立高等学校“N(エヌ)高等学校”

このN(エヌ)高等学校という名前は伏字にしているわけではなく、本当にこういう名前なんですよ。

このN高等学校は沖縄県うるま市伊計島にある通信制の高校で、通学コースと通信コースがあります。

紀平梨花選手は通信コースですね。

やはりオリンピック候補になるほどの選手になると毎日の練習にかなりの時間を費やしますから、普通の全日制高校に通うのは難しいのでしょう。

ちなみにトップアスリートとして活躍する選手の中に通信制の高校に通われていた方はたくさんおり、フィギュアスケートでは羽生結弦選手中塩美悠選手も通信制の高校だったんですよ。

通信制の高校ですと通学での時間の制約がない分練習に集中できますし、皆さんそれだけ生活のほとんどの時間を練習に費やして活躍されてきているんですね。

さすが、結果を残す選手はストイックで凄いです!

このようにフィギュアスケートに打ち込んでいる紀平梨花選手ですが、通っていた幼稚園が少し変わっていたのでご紹介しますね。

紀平梨花の幼稚園が凄い!

紀平梨花選手は広田幼稚園という幼稚園に通っていたのですが、この幼稚園が少し特殊なんです。

「ヨコミネ式教育法」なるもので英才教育を受けていたようで、卒園時には

・小学校1年生で習う漢字と九九をマスター
・7段の跳び箱を跳ぶ

という課題を全員がクリアするのだとか。

これは凄いですね!

最近では幼稚園でもお勉強をする園もありますが、小学1年生で習うようなことを先にやってしまうところはなかなかないですよね。

頭脳はもちろん、身体(運動能力)も日ごろからしっかり鍛えられるのでしょう。

紀平梨花選手の華麗なジャンプは、もしかしたらこういった幼稚園で身体能力(才能)を伸ばしたことが活きているのかもしれませんね。

先述した通り、紀平梨花選手はこの幼稚園に通っていた5歳の頃から本格的にスケートを始めていますが、とにかくお金がかかるスポーツだと言われるフィギュアスケートをそんな小さい頃から続けられているということは、紀平梨花選手はお金持ちのお嬢様なのでしょうか?

続いて、紀平梨花選手のご両親についても調べてみました!

スポンサーリンク

紀平梨花の両親はお金持ち?

紀平梨花選手は3歳の頃に初めてスケートリンクに行き、5歳から教室に通って本格的にフィギュアスケートを始めています。

フィギュアスケートは非常にお金がかかるスポーツであり、レッスンや衣装、遠征などでかかる費用は年間200~300万とか!

しかも紀平梨花選手の場合最初はスケート以外にも、バレエ体操・ピアノなどといった習い事もしていたということですから、かなり裕福であることが予想されますね?

紀平梨花選手のご両親はどんな方たちなのでしょうか?

父親はどんな人?

まず紀平梨花選手の父親ですが、名前は紀平勝己さん

1967年6月7日生まれの51歳です。

大坂府羽曳野市出身で、スキーが趣味のスポーツマンなんだとか。

気になる職業ですが、ご本人曰く“普通の会社員”とのことです。

経営者とかいうわけではないようですが、小さい頃から子供にフィギュアスケートや数々の習い事をやらせてあげられるということはそれなりに高給取りなのでは?と言われています。

母親はどんな人?

続いて紀平梨花選手の母親は紀平実香さんといい、1971年7月31日生まれの47歳です。

兵庫県西宮市出身で、中学時代はバスケットボールに、社会人になってからはスキーに打ち込むなどこちらもスポーツマンのようですね。

母親も実香さん正社員で普通のOLとして働いていましたが、現在は転職してデパートの販売員をされているとのこと。

このように特に資産家であるとか昔フィギュアスケートの選手だったというわけではなく、いわゆるごく普通の家庭(中流家庭)で育った紀平梨花選手。

しかしご両親の紀平梨花選手のフィギュアスケートに対するサポートは全然“普通”ではないんです!

そんな、紀平梨花選手のご両親のすごすぎるサポートについても詳しくみていきましょう~。

紀平梨花選手の両親のサポートがすごい!

紀平梨花選手のご両親は子供への教育に熱心であり、紀平梨花選手のフィギュアスケートに対しても非常に協力的です。

紀平梨花選手は中学生の時にフィギュアスケートの環境を整えるために転校したと先述しましたが、なんと元々住んでた西宮市の一軒家を売却して、学校とリンクに通いやすい場所へ引越ししています。

わざわざ購入した一軒家を売却してまで、子供の練習環境を優先するってすごいですよね!

父・勝己さんは引越ししたことで会社までの通勤時間が長くなってしまったと嘆いていたといいます(笑)

しかし以前スポーツ誌の取材に対し、

「フィギュアスケートはお金も時間も制約も受ける。だからこそ、やるからには身になるものであってほしい。そうでなければやっている意味がない。」

と語っておられました。

非常に理解があり、教育熱心な父親であることが伺えますね。

これだけでも十分すごいのですが、なんと母・実香さんが転職をしたのも紀平梨花選手のサポートのためなんだとか。

元々会社員として事務職をしていた母・実香さんは、紀平梨花選手のサポートのために時間の融通が効くデパートの販売員に転職

そして、

・朝3時起きで朝食作り
・朝5時には朝練の紀平梨花選手をリンクまで送る
・学校が始まる前に連れて戻る
・放課後はまた練習のためにリンクへ送り届ける

といった毎日を過ごしており、なんと送迎に走った距離は1年間で約3万4000キロ

これは、紀平梨花選手を車の中で休ませ、「疲れを残さず練習に集中してほしいと」いう想いで実践しているそうです。

さらに母・実香さんは食事の管理も徹底

短大時代に栄養学を学んだ経験から、栄養バランスを考えて太らせないようにしたり、骨を太くするために乳製品をしっかり摂取するよう考えられているのだとか。

トリプルアクセルをこなす紀平梨花選手には、丈夫な骨をつくるのためにチーズを多く食べさせているとのことですよ。

これは一家で驚きのサポートっぷりですよね・・・!

紀平梨花選手の活躍は、こういった家族のサポートによるものなんですね!

さてここまで紀平梨花選手のご両親についてご紹介してきましたが、紀平梨花選手のもうひとりの家族・お姉さんについても詳しくみていきましょう!

紀平梨花の姉も有名人?

紀平梨花選手は度々姉妹ショットを自身のインスタに投稿している、とても仲良しなお姉さんがいらっしゃいます。

お姉さんの名前は、紀平萌絵(もえ)さん。

元は姉・萌絵さんもスケートをしていたようですが、現在スケート選手としては活動していません。

現在はなんと、avexのダンスやモデル育成スクールである「avex artist academy」に通っているようなんです!

avex所属の芸能人だという噂もありましたが、正確にはavexのスクールに通い、将来ダンサーを目指しているダンサーの卵ですね。

この姉・萌絵さんのツイッターを見てみると、紀平梨花選手に関する投稿でギッシリ!

https://twitter.com/moekihira_812/status/907205319159291904

https://twitter.com/moekihira_812/status/906215613898530816

ご両親に負けないくらいの紀平梨花選手のサポーターであることがわかります。

もしかしたら、紀平梨花選手のこの世で一番のファンは姉の紀平萌絵さんかもしれませんね。

こう調べてみると、紀平梨花選手は家族みんなに支えられてとっても恵まれた環境でフィギュアスケートに打ち込めていることがわかります。

今回NHK杯にて驚愕のスコアを叩き出し、偉業を成し遂げたのも納得ですね。

今後、姉妹共演を果たす日がくることを楽しみに待ちましょう!

最後に、紀平梨花選手のプロフィールをご紹介します。

紀平梨花のプロフィール

名前:紀平梨花(きひら りか)
生年月日:2002年7月21日
出身地:兵庫県西宮市
身長:149cm
血液型:O型
所属クラブ:関西大学KFSC

紀平梨花高校はどこ?姉妹や父親母親のサポートがすごかった!まとめ

紀平梨花高校はどこ?姉妹や父親母親のサポートがすごかった!という話題について調べてみましたが、いかがでしたか?
ジュニア時代から類稀なる才能を発揮し、華々しいシニアデビューを飾っている紀平梨花選手。
その陰には、家族の強力なサポートがあったことがわかりました。
支え続けてくれる家族のためにも、今後も一層活躍してほしいですね!
紀平梨花選手の今後を楽しみに、そして期待しましょう~。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

◆コチラの記事も読まれています◆
↓クリック↓
村上佳菜子は太ったし左目が違う?二重に変わった整形疑惑を調査!
紀平梨花NHK杯スコアが驚愕!グランプリ初出場優勝の偉業とは?
紀平梨花高校はどこ?姉妹や父親母親のサポートがすごかった!

スポンサーリンク