村岡桃佳がかわいい!母操も美人って本当?

スポンサーリンク




スポンサーリンク





村岡桃佳がかわいい!母操も美人って本当?と話題になっています。2018年、平昌パラリンピックで日本史上最年少金メダリストとなった村岡桃佳さん。固く結ばれた家族の絆で掴み取ったと言われています。今回は、村岡桃佳がかわいい!母操も美人って本当?という話題について調べてみましたので是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

村岡桃佳の経歴

村岡桃佳さんの経歴についてまずは見てみましょう。

村岡桃佳さんの足の障害は、いくつのときに出たのでしょうか?

村岡桃佳さんは、4歳の夏、家の近くのスーパーに出かけたとき、急に足が重たい感じに襲われました。帰るときには既に両足が動かなかったため兄の背におぶられて帰りました。

病院を受診したところ、診断結果は横断性脊髄炎による下半身麻痺でした。原因は分かっていません。以来、車椅子での生活を送ることとなりました。突然発症して、いきなり下半身麻痺になってしまうなんて驚きです。村岡桃佳さん自身も幼心に、ものすごい恐怖だったでしょうね。

村岡桃佳さんは、元々外で遊ぶことが好きでしたが、車椅子だと鬼ごっこをしても友達は誰も追いかけてくれませんでした。負けず嫌いな松岡桃佳さんは気を使われるのが本当に嫌でしたが内気な性格だったため素直な気持ちを口に出すことができず、悶々としていました。

それからというもの、人前に出ることが苦手になり、室内で遊んだり、読書をするなど部屋に閉じこもるようになったしまったのです。

そんな気持ちを変えたのがスポーツでした。

村岡桃佳さんがチェアスキーを始めたのは、小学3年生のとき、父と一緒にチェアスキーの体験会に足を運んだことがきっかけでした。本格的に競技として始めたのは中学2年生のときで、その当時、このチェアスキー競技を世界大会で戦える女子選手はたったの2人しかおらず、周りから「桃佳も絶対世界獲れるよ!」と後押しされたことで軽い気持ちで始めました。

中学3年生のとき初めて海外試合に挑み、海外選手のレベルの高さに感動を覚え「私もこうなりたい」と思うようになり、そこから猛特訓を積みました。努力が実り、高校2年生(当時17歳)のときにソチオリンピックに出場を果たします。スーパー大回転で旗門を一つ通過し忘れて失格となりつつも見事5位に入賞しました。

2017年の国際パラリンピック委員会ワールドカップ韓国大会ではスーパー大回転で銀メダル、白馬村大会では金メダルを獲得し、2018年の平昌パラリンピック日本代表に選出されました。

村岡桃佳さんは、平昌パラリンピックの大回転(座位)で金メダル、滑降(座位)と回転(座位)で銀メダル、スーパー大回転(座位)とスーパー複合(座位)で銅メダルを獲得し、冬季パラリンピック大会において日本人選手最多となる5個のメダル獲得となりました。

冬季の同一大会で金、銀、銅のメダルを手にしたのは、1998年の長野大会で活躍した大日方邦子さん以来5大会ぶりです。村岡桃佳さんは、まだ21歳と若く伸び盛りですから、今後も活躍を期待したいですね。

続いて、村岡桃佳さんの父親や障害について調べてみました。

村岡桃佳の父親や障害について

村岡桃佳さんが障害もった経緯については前述しました。そんな困難にも決してめげることもなく競技を続けてきた背景には、父のサポートがとても大きかったようですね。父は娘が頑張る姿を見て、一生懸命サポートしてきました。
その結果、前回のソチパラリンピックでは、5位入賞を果たし大泣きしたそうです。

きっと滑り終わった安心感や解放感、そして悔しさもあったのでしょうね。

パラリンピックなどの国際大会では、障害の種類ごとに出場することができる最少の障害基準が定められています。
また、障害者スポーツで良く耳にするものに、クラス分けがあります。

ひとくちに「障害」といっても、腕や脚などの身体、視覚や知的発達など、種類はさまざまです。このクラス分けは、個々の障害競技に及ぼす影響をできるだけ小さくして、平等に競い合うために必要な制度となります。
村岡桃佳さんはシュッティング(座位)クラスのLW10-2というクラスです。

シッティング(座位)クラスとは、下肢に障害があり、立った状態で滑ることが難しい選手が該当するカテゴリーになります。

少し詳しく説明しますと、
LW10-1:下肢および上部腹筋の機能がなく、座位バランスがない選手(例:脊髄損傷・脳性麻痺など)
LW10-2:下肢の機能障害および上部腹筋に軽度の機能障害があり、座位バランスが不良の選手(例:脊髄損傷・脳性麻痺など)村岡桃佳さんはこれに該当します。
LW11 :下肢に機能障害があり、座位バランスが中程度の選手(脊髄損傷・脳性麻痺など)
LW12-1:下肢に機能障害があり、座位バランスが良好の選手(脊髄損傷)
LW12-2:下肢に何らかの切断がある選手(両大腿切断など)

競技ではチェアスキーに乗り、ストック代わりのアウトリガーと呼ばれる用具を持って滑ります。

引用:http://crowdmonstar.com

それぞれの選手に障害の重さ(程度)に応じた係数を設定し、実走タイムにその係数をかけた計算タイムで順位を決定しています。

続いて、村岡桃佳さんに彼氏はいるの?と気になっている方が多いようですのでそちらに関しても調べてみました。

スポンサーリンク

村岡桃佳がかわいい!彼氏はいる?

村岡桃佳さんは、弾ける笑顔がとてもかわいいですよね!

引用:http://komatsudayohei.jp

平昌パラリンピックの開会式で旗手を務めることが決まったときには、「行進の一番前で、あの光景を見せてもらえる」と喜んだそうです。無邪気なところもかわいいですね。

彼氏の存在についてはネット上には情報が出ていませんでした。

隙がある方なら過去の投稿が拡散されているのですが、村岡桃佳さんは、その辺りをしっかりしているようです。
村岡桃佳さんは、活発で明るく、何よりかわいいです。自分で車も運転するアクティブさも持ち合わせています。
そんなパワフルな女性に多くの男性が惹かれるのは間違いありません。

しかし、高校時代は練習と遠征で多忙でしたでしょうし、夢であった早稲田大学入学のために頑張っていて
彼氏を作る時間やタイミングがないように感じましたね。
そして、何より父以上の存在感がないと彼女の心を動かすことは難しそうですね。

続いて、村岡桃佳さんの出身高校や大学を調べてみました。

村岡桃佳の出身高校や大学は?

村岡桃佳さんが本格的に競技を開始したのは中学2年生のときでした。
村岡桃佳さんの通っていた中学校は、埼玉県深谷市内にある深谷市立川本中学校で公立の中学校です。
ホームページを見ていると毎日、写真や日誌が更新されていて、とてもアットホームな中学校ですね。

村岡桃佳さんの平昌パラリンピック出場に伴い、川本公民館で壮行会が行われ、村岡桃佳さんは「自分らしく滑って、笑顔で帰ってこられるように頑張りたい」と決意を語っていました。市民や学生からの大きな拍手と吹奏楽部の演奏などがあり、とてもあたたかい中学校だな~と感じました。

高校は、学校法人智香寺学園正智深谷高等学校でスポーツに力を入れている高校です。村岡桃佳さんも高校1年生のときに、全日本チェアスキーチャンピオンシップIN志賀高原の回転競技で優勝!さらに大回転競技でも準優勝されるなど素晴らしい成績を残しています。

村岡桃佳さんは現在21歳で早稲田大学スポーツ学科に通う現役の女子大生です。この早稲田大学は、埼玉県所沢市にあり、村岡桃佳さんは現在寮生活をされています。

この寮は、村岡桃佳さんのためにバリアフリー化がされていて車椅子が通るようにドアの幅を広くしたり、小さな段差をなくしています。早稲田大学スキー部は、1920年(大正9年)に発足され非常に長い歴史をもつ部活であったからこそ、村岡桃佳さんの入学当時は村岡桃佳さんの入部に対して真剣に検討されました。

結果、障害者の理解を深めるため村岡桃佳さんを迎え入れ早稲田大学スキー部にとって初めての車椅子のアスリートが誕生しました。今では、どんどん校舎内もバリアフリー化されています。

村岡桃佳さんの熱意と早稲田大学の覚悟により新しい扉が開かれましたね。

続いて、村岡桃佳さんがどのようにしてスキーと出会ったのか調べました。

村岡桃佳とスキーとの出会いは?

村岡桃佳さん、スキーとの出会いについてあいおいニッセイ同和損保のアスリートインタビューで語っています。

村岡桃佳さんは、幼少期から車いすテニスや車いすバスケ、そりを使ったパラアイスホッケーなど色々なスポーツをしていましたが、その中でメインにやっていたのが陸上競技でした。小学校低学年のころ、陸上を通じてできた友達にチェアスキーの体験会に誘われて行ったのがスキーとの出会いのようです。

地元埼玉県はほとんど雪が降らないので、初めての雪の上の感覚はすごく斬新でした。

初心者ならすぐに転倒したり、補助をしてもらいながら滑るものですが、村岡桃佳さんは飲み込みが早く、2日目、3日目には一人で滑れるようになっていて、風を感じて一人で滑る感覚がとても楽しかったとのことです。

小さい頃から色々なスポーツをしてきた村岡桃佳さんだからこそ基礎ができ上がっていたのでしょうね。
初めは、年に1度体験会に行く程度でしたが、次第に「個人的に滑りに行くけどどう?」と体験会で知り合った友達に誘われるようになり滑る回数が増えていきました。

滑るたびにタイムが更新されていくことがとても楽しかったようです。それから、何度かコースにも出て滑っていた村岡桃佳さんですが、自分の求めるターンが上手くできず、除々に楽しくなくなっていきました。
そんな中、中学2年生のときに菅平高原のゲレンデでトップレベルの人達が滑っているのを見た瞬間「うぁ、すごい!」とくぎ付けになりました。

そのとき、「滑ってみる?」と聞かれて「えっ?」と思ったのですが思い切って一緒に滑ったことがアルペンスキー競技の世界に入ることになった第一歩になったと振り返っていました。

続いて、村岡桃佳さんの父の職業や家族の絆の深さを調べてみました。

スポンサーリンク

村岡桃佳父の職業は自営?家族の絆がスゴイ!

村岡桃佳さんがチェアスキーを本格的に始めたとき、教えてくれるコーチもいなければ指導者もいませんでした。
そこで小さい時からいつも一緒だった父・村岡秀樹さんが指導者代わりになり、親子2人3脚での競技人生が始まりました。

引用:http://www.worldtimes.co.jp

村岡桃佳さんの父は、自営業で水道関係の仕事をしていてスキーに関しても趣味程度でしか経験がありませんでした。
村岡親子は、親子で手探りしながら必死にスキルを磨いたというからすごいですね。

父は、お仕事の合間に村岡桃佳さんをスキー場へ連れて行ったり、かなり多忙な生活をされていたと思います。それでも村岡桃佳さんのためを思って、できる限りのサポートをされてきたと言うから父の大きな愛を感じますね。

村岡桃佳さんは練習で何度も転んで、泣いて心が折れそうになることもあったそうですが、その度にいつも隣で支えてくれたのは父だったそうです。

村岡桃佳さんは、「今の自分があるのは父のおかげ」とまで語っているほど感謝しているのです。

平昌パラリンピック最終日のスタンドから見守る父・秀樹さん

引用:http://www.paraphoto.org

続いて、もう一人の素敵な家族の母・操さんを調べてみました。

村岡桃佳の母・操も美人!

村岡桃佳さんの母・操さんは現在46歳ですが、とても若く見えます。
大会では、ゴール地点の近くで大きな声で応援する姿が印象的でしたね。

滑り終わるまで、しっかり見守り村岡桃佳さんがメダルを獲得されたときは「そばに行っておめでとうと言ってあげたい!」と大喜びの様子でした。

母・操さんは、とても美人な方ですね。

また、私生活でも村岡桃佳さんをサポートしている村岡操さん。村岡桃佳さんがしっかりスキーや大学に打ち込めるように、自宅から大学まで行き来して、車椅子の確認や寮内で快適に動けるかなどをチェックしてあげています。

総距離を調べてみるとなんと片道80km、時間にして1時間30分もかかります。
毎日の事となると、とても大変だったと思います。
村岡桃佳さんの活躍を夫婦で懸命に支えてきたんですね。

最後に、村岡桃佳さんのプロフィールを紹介します。

村岡桃佳のプロフィール

本名   :村岡 桃佳(むらおか ももか)
愛称   :ももちゃん、ももち
生年月日 :1997年3月3日(21歳)
出身地  :埼玉県深谷市
身長   :150cm
体重    :37kg
所属   :早稲田大学(現役女子大生)
障害種別 :疾病による両下肢機能全廃
クラス  :LW10-2(座位)

村岡桃佳がかわいい!母・操も美人って本当?まとめ

村岡桃佳がかわいい!母・操も美人って本当?という話題について調べてみましたがいかがだったでしょうか?平昌パラリンピックでは5個ものメダルを手にし、世界中から注目されることとなりました。これからは追われる立場となりますが、今後も競技人生を楽しんで頂きたいですね。

最後までご覧いただき有難うございました!

◆コチラの記事も読まれています◆
↓クリック↓
飯豊まりえの事故はまれで?吉岡里帆との見分け方とは!
志尊淳の彼女は誰?画像も気になる!
樋口新葉が浅田真央に終わりっすね発言?生理の血画像の真相とは!
賀来賢人と賀来千香子は似てる?関係図が気になる!
榮倉奈々と賀来賢人の馴れ初めは?身長差が気になる!
アリーナザギトワに秋田犬贈呈!沢尻エリカに似てるってホント?
新木優子幸福の科学否定?彼氏はいたことないという噂は嘘か検証!

スポンサーリンク