上野由岐子の年収は?メガネがかっこいい!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





上野由岐子の年収は?メガネがかっこいい!と話題です。過去の五輪で金・銅とメダルを獲得し、2020年の東京五輪でも金メダルが期待されている日本女子ソフトボール。その中で絶対的エースとして全国的に有名なのが上野由岐子さんですよね。投手としての実力の高さはもちろん、イケメン女子としても注目されているのをご存知ですか?そこで今回は、上野由岐子の年収は?メガネがかっこいい!という話題について調べてみました!

スポンサーリンク

上野由岐子の経歴は?

上野由岐子選手といえば、日本女子ソフトボール界で不動のエースピッチャーとして有名ですよね。

しかしその名は全国で認知されているものの、「上野由紀子」と漢字を誤って検索している方が多いようなんです。

今回上野由岐子選手がどんな選手かということとともに、上野由岐子選手の“き”“紀”ではなく“岐”であることも一緒に覚えていってくださいね!

さて、そんな上野由岐子選手がソフトボールを始めたのは小学校3年生の頃。

当時からポジションはピッチャーとして活躍しており、小学校時代には県大会優勝、中学校時代では全国制覇を果たしています。

そして九州女子高等学校に進学してからは、2年時に最年少で参加した1999年世界ジュニア選手権でエースとして優勝に貢献!

高校生当時で球速107km/hというジュニア離れした速球は日本人最速を記録しており、「オリエンタル・エクスプレス」の異名を取りました。

2001年に高校卒業してからは、日立高崎ソフトボール部(現・ビックカメラ女子ソフトボール高崎)に入部。

入部したその年から史上初の2試合連続完全試合を達成して新人王に選ばれた他、実業団入りと同時に代表チームにも招集されて代表のエースとしても活躍を始めます。

そして世界大会デビュー戦となった2002年の世界選手権、アテネ五輪の出場権がかかった中国戦完全試合を達成

その後も現在まで五輪や数々の大きな試合でノーヒットノーラン完全試合といった記録をしているのに加え、

・2007年9月:日本人初の「1000奪三振」
・2009年11月:日本リーグ史上初の2年連続3冠(日本日本女子1部リーグ・全日本総合選手権大会・国民体育大会)
・2002年、2006年、2010年:アジア大会金メダル
・2012年:予選最終戦から決勝トーナメントを1人で投げぬき、42年ぶり2度目の世界選手権優勝
・2013年9月:入団以来13年連続二桁勝利
・2016年:通算200勝(リーグ最多記録・次点172勝)

といった数々の大記録を達成している日本の絶対的エースなのです!

特に2008年8月の北京五輪2日間3試合413球を投げ抜き金メダル獲得に大きく貢献した活躍は、新聞の見出しに

「神様、仏様、上野様」

と書かれたり、この年の新語・流行語大賞で

「上野の413球」

が審査員特別賞を受賞するなど、全国民を沸かせて非常に大きな話題となりましたよね。

では、そんな上野由岐子選手のプレースタイルもご紹介しましょう。

プレースタイルは?

上野由岐子選手といえば世界最速といわれるストレートが特徴的ですが、ストレートだけでなくシュートなど多彩な変化球も投げることができるようになったことから、相手に合わせて粘り強く投げるスタイルを取り入れているピッチャーです。

宇津木麗華監督が「上野選手の凄さって、ストレート球だけではなくコントロールも世界一だと思う」と評している通り、ストレート・変化球ともにコントロール抜群であり、どの球種もほぼ同じタイミング・フォームで投げ分けることができます。

実際に2008年の北京オリンピックの決勝戦では、連投による疲れから110km/h以上の速球を投げないように指示された中、変化球を持ち前のコントロールの良さで使いこなしアメリカの強力打線を封じて金メダルに導いています。

スピードのある直球で押すだけでなく、ピッチャーとして多様な攻め方最高レベルでできるまさに世界屈指のピッチャーなのですね。

さらに2009年シーズンからは打者として打席にも立っており、パワフルなスイングで飛距離はチーム1とも言われているのだとか!

ちなみに2009年の開幕戦では、初打席でいきなり痛烈な当たりの二塁打を放っているんですよ。

当時の監督が「打撃だけさせるなら4番打者」と言うほど、投打で高い実力を兼ね備えたまさに万能選手なのです!

とはいうものの、やはり上野由岐子選手といえば「世界最速のストレート」をイメージする方が多いですよね?

では実際に上野由岐子選手のストレートはどれくらいの球速なのか、詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

上野由岐子の球速は?体感速度は何キロ?

上野由岐子選手のストレートは121km/hを記録しており、先述した通り世界最速と言われています。

121km/hと聞くとあまり速い感じがしないかもしれませんが、女子ソフトボールはバッテリー間が13.11mと短いことから野球での体感速度は160-170km/hに匹敵するほど!

メジャーリーグで活躍しているあの大谷翔平選手165km/hを記録していますから、同じくらいだと考えるとその凄さが想像しやすいのではないでしょうか?

https://twitter.com/Sighthound36/status/1028635496719646721

上野由岐子選手の手から球が離れてからキャッチャーミットに入るまでの時間はなんと0.3秒と極めて短く、金属バッドをへし折ったこともあるほどの球威なんですよ!

どおりでプロ野球選手もなかなか打てないわけです。。

ちなみに男子ソフトボールの最速は130km/hですから、上野由岐子さんの凄さがわかりますよね!

そんな男子に引けをとらない投球をみせる上野由岐子選手ですが、「イケメン女子」と見た目のかっこよさも男子顔負けなのをご存知ですか?

そこで、特にかっこいいと評判のメガネ姿についても調べてみました!

スポンサーリンク

上野由岐子のメガネ姿がかっこいい!

上野由岐子選手は、最近試合中にメガネ姿でプレーされていますよね?

SNS上で「イケメン女子」と言われているだけあって、その姿がとってもかっこいいんです!

そのかっこよすぎる上野由岐子選手のメガネ姿はコチラ!

いかがですか?

めちゃめちゃ似合ってますよね!

赤いフレームのメガネをかけていることもありましたが、最近はずっと白いフレームのメガネをかけられています。

東京オリンピックに向けて新しくなったユニホームとこの白いフレームのメガネがよく合っていませんか?

このメガネはどこのメーカーのものなんでしょうか?

白いメガネはどこのメーカーのもの?

一流アスリートが身に付けているものってどこのメーカーのものであるのか気になりますよね。

上野由岐子選手の白いフレームのメガネはどこのメーカーのものであるのかハッキリとした情報は見つかりませんでしたが、“メガネのイタガキ 高崎本店”の公式ブログに上野由岐子選手が来店したことが書かれていました。

そのブログは2014年のものでしたが、上野由岐子選手が所属しているのはビッグカメラ高崎BEE QUEENですから、同じ高崎ということでお付き合いがあり白いフレームのメガネもこの“メガネのイタガキ”で購入された可能性が高そうですね!

では、そんな上野由岐子選手に対するネットの声もご紹介しますね。

上野由岐子に対するネットの声は?

上野由岐子選手に対しネットではどんな反応がされているのか、実際の声をご紹介しましょう。

https://twitter.com/miatter1216/status/1028506054240288768

ご覧の通り、どこを調べてもその実力の高さに驚く声と「かっこいい」という声で溢れかえっていました。

続いて、そんなかっこいい上野由岐子選手の恋愛事情についても調べてみました!

上野由岐子は結婚している?

上野由岐子選手は1982年生まれの現在36歳ですから、結婚しているのかどうかも気になりますよね?

調べてみたところ、上野由岐子選手はまだ未婚のようです。

2011年には男子バレーボールの石島雄介選手と熱愛が報道されていましたが、その後の続報もなく、現在もお付き合いが続いているという情報はありませんでした。

引用:http://www.vleague.or.jp

また他の方との熱愛情報もなく、現在は彼氏もいないようですね。

2年後に東京五輪が控えており、北京五輪後には正式種目から外されてしまったソフトボールが東京五輪で2大会ぶりに復活するとあって懸ける想いも並々ならぬものがあるでしょう。

もしかしたら今はソフトボールが第一で、恋愛に割いてる時間がないのかもしれませんね。

なんだか勝手な想像ですが、そんなところもかっこいいです!(笑)

実は石島雄介選手と交際が続いていて、東京五輪が終わったら結婚の発表なんてこともあるかも…?なんてファンの間では噂されているそうですよ。

好きなタイプは?

ちなみに上野由岐子さんの好きなタイプは

・根性のある男らしい人
・礼儀がきちんとしている人
・気遣いができる人
・思いやりがある人

なんだとか。

これはまさしく体育会系の男性ですから、お相手にピッタリなのはスポーツ選手でしょう!

同じスポーツ選手の中では、元サッカー選手の中田英寿選手がタイプなんだそうですよ。

確かにストイックでとても真摯な男性ですよね。

上野由岐子選手の御眼鏡にかなう男性が現れるのか、今後に注目です!

さて、そんな上野由岐子選手ですが、こんなに活躍し続けているとなるとその年収も気になりませんか?

世界で活躍するピッチャーは一体どれくらい稼いでいるのか、続いて調べてみました!

上野由岐子の年収は?

上野由岐子選手ほどの一流アスリートともなると、年収の額も凄いのではないかと思いますよね?

実は現在ソフトボールにプロというものがなく、上野由岐子選手は所属先であるビッグカメラの「契約社員」扱いなんだとか。

よって月給は17万ほどだそうで、年収にすると204万円くらいということになります。

数々の記録を打ち立てて、五輪で金メダルもとっているの世界屈指のピッチャーなのにそんなもの!?と驚くかもしれませんが、チームに対して強化費という名目で7千万円支給されているそうですから、固定給に上乗せ分もあるだろうと言われているようです。

もちろん、道具代治療代遠征費などもあるでしょうから7千万円がまるまる選手たちの給料に上乗せされるわけではないですが。

どちらにしても、他のスポーツと比べて年収が低いことは確かですよね。

中にはアルバイトもしながらソフトボールを続けている選手もいらっしゃるようですが、五輪でメダルが期待されるようなアスリートたちには安心してプレーできるような安定した経済状態をつくってあげてほしいなと個人的に思います。

しかしそんな年収でも続けていたいほど、上野由岐子選手はソフトボールを愛しているんですね!

どうか怪我だけはせずに、ぜひ東京五輪で活躍してくれることを期待しましょう!

最後に、上野由岐子選手のプロフィールをご紹介します。

上野由岐子のプロフィール

名前:上野由岐子(うえの ゆきこ)
出身地:福岡県福岡市
生年月日:1982年7月22日
身長:174cm
投打:右投右打
ポジション:投手
所属:日立高崎→日立&ルネサス高崎→ルネサス高崎→ルネサステクノロジ高崎事業所→ルネサスエレクトロニクス高崎→ビックカメラ(2001~)

上野由岐子の年収は?メガネがかっこいい!まとめ

上野由岐子の年収は?メガネがかっこいい!という話題について調べてみましたが、いかがでしたか?
改めて上野由岐子選手の凄さとかっこよさを再確認した方が多いのではないでしょうか?
2020年には38歳となる上野由岐子選手ですが、東京五輪でも金メダルを目指してぜひ記録にも記憶にも残る投球をみせていただきたいですね!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク