藤田倭(ソフト)身長体重や中学高校は?球速や実力も徹底調査!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





引用:https://www.asahi.com


藤田倭(ソフト)身長体重や中学高校は?球速や実力についても気になる!と話題になっています。ソフトボール界で二刀流として活躍している選手として注目を集めている藤田倭選手。学生時代から光るものがあった様ですね。そんな二刀流藤田倭選手の投球打撃がいかはどのものなのか。という事で、今回は、藤田倭(ソフト)身長体重や中学高校は?球速や実力も徹底調査してみました!是非最後までご覧ください!

藤田倭のプロフィールと経歴

藤田倭選手のプロフィール

藤田倭選手

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp

名前:藤田倭(ふじたやまと)
生年月日:1990年12月18日(2018年12月現在27歳)
出身地:大阪府
職業:ソフトボール選手
ポジション:投手
投打:右投右打
所属チーム:太陽誘電ソルフィーユ

「倭」と書いて「やまと」

女性には珍しい名前かもしれませんね。かっこいい。

倭とは日本の事です。侮蔑的な意味の漢字という考え方もあるのは事実ですが、昔から人名にも使用されています。従順、素直、慎むといった意味がありますね。

藤田倭選手の「倭」は「日本を背負う人に」という願いを込めて名付けられたそうですよ!まさにその通りに日の丸を背負って戦っています!

藤田倭選手は5歳の頃に、お兄さんの影響でソフトボールを始めます。

小学1年生から地元のソフトボールクラブに所属し、4年生からは硬式野球。

高校卒業後の2009年に、日本女子ソフトボールリーグ1部所属の太陽誘電ソルフィーユに入団し、その年にリーグ新人賞を受賞しています。

太陽誘電ソルフィーユ

引用:https://jsl-woman.com

2009年にはU-19日本代表としてアジア女子ジュニア選手権に出場し、見事優勝。MVPも獲得しています。

2012年から、日本代表選手に選出され、世界女子ソフトボール選手権で42年ぶりの金メダル獲得に貢献。2016年には、最多勝、本塁打王、打点王の3冠MVPを獲得、最高選手殊勲賞を受賞しています。

3冠獲得って凄いですね!記録が残る1983年以降で投打の3冠は初めての快挙だそうですよ!

投打に活躍する藤田倭選手は、これからのソフトボール界を牽引していく存在になるでしょうね!

では、そんな藤田倭選手の投球、バッティングがいかに凄いのか、より詳しく調べてみました。

藤田倭の身長体重は?球速が凄くてバッティングが豪快!?

藤田倭選手の身長は165㎝比較的小柄体重は70㎏。無駄な脂肪はなく筋肉質な体つき。その力強く逞しい体格で日本を背負っているのですね。

藤田倭選手は打って良し投げて良しの二刀流選手です。メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手も顔負けだそうですよ!

しかもピッチングもバッティングも豪快で規格外だそう。小柄な身長からは想像もつきませんよね。
一体どんな投球、打撃なのか。気になりますね。

球速は常時90㎞/h、最速で111㎞/h!この力強い足の踏み出し方が、速くて重いボールを投げる為には重要なんです。

https://twitter.com/nicerinringo/status/1025786571285512192

野球と違ってマウンドが近いので、体感スピードはもっと速く感じますよ。野球でいえば、160㎞/hくらいに感じるのではないでしょうか。

プロ野球選手も中々打てませんよ。

エース上野由岐子投手はMAX121㎞/hですからね。速すぎます。

https://twitter.com/jsl_women/status/1063607011974279168

それでも、藤田倭選手の球速もトップクラスである事には違いなく、ポスト上野由岐子投手と言われるだけあります。

2018年8月に行われた世界選手権では、結果準優勝でしたが、素晴らしい投球を見せてくれました。

開幕戦では藤田倭選手が先発。4回まで8奪三振、無四球(フォアボール)、無安打と快投。試合結果9-0のコールド勝ち。

予選4戦目対イタリア戦では、6回までパーフェクトピッチング。完全試合(打者を一度も出塁させずに勝利する事)達成までもう少しでしたが、7回で出塁を許してしまいました。しかし点は与えず完投。

素晴らしい。

続いて、バッティングについてですが、こちらも一流の成績を残しているんですよ。

3冠を獲得した2016年シーズンの打撃成績は、打率.424、20打点、8本塁打でした。

凄いですねー!打率4割越えは驚異。

藤田倭選手のバッティングスイングは豪快である上に速いんですよね。思い切りの良いスイングに遠くに飛ばす事も出来る圧倒的パワー。

「太陽誘電ソルフィーユ」の山路監督は、「7.8割の力で打っていい場面でも100%の力で振る」「彼女なしではチームは成り立たないし、全てが規格外」だと。

日本代表宇津木麗華監督は、「球速はエース上野由岐子投手に及ばずも、バッティングスイングは世界最速、大事な場面で大きいのを打ってくれる素晴らしい選手」と太鼓判。

両監督ともに、藤田倭選手のバッティングに対して高評価の様です。認められ頼りにされているという事ですよね。

藤田倭選手に二刀流を勧めたのは、「太陽誘電ソルフィーユ」の山路監督だったそうです。なんでも、山路監督が初めて藤田倭選手のバッティング練習を見た時に「この驚異的なパワーはどこからくるのか」と驚愕し、打者としての可能性を感じたのだとか。

という経緯で藤田倭選手は二刀流を始めましたが、先発投手として中々定着出来ず、中々勝つ事も出来ずという日々。藤田倭選手はピッチングに専念したいと申し出ましたが、山路監督は、「ピッチングとバッティングは下半身の使い方など似ている部分も多い、打撃センスに長けた藤田倭選手なら、タイミングさえ合えば出来るはず」と諦めませんでした。

そんな山路監督の熱意に負けた藤田倭選手は、二刀流としての完成形を目指して進んでいく事になります。

次第に、投手の気持ちも打者の気持ちも分かる様になり、それが二刀流のメリットである事に気付きますが、バッティングの調子が悪いとピッチングにも影響が出たりというデメリットも。

2017年になってからようやく慣れ、気持ちの切り替えもスムーズに出来る様になったと、藤田倭選手はコメントしていました。

二刀流になり得ようと懸命に努力した藤田倭選手も素晴らしいですが、諦めなかった山路監督も凄いですよね。可能性を初めから見出していたのですから。「太陽誘電ソルフィーユ」に入団しなかったら、もしかしたら現在の「二刀流藤田倭」は存在しなかったかもしれませんね。

優秀な成績を残している藤田倭選手ですが、学生時代の経歴も素晴らしいんですよ。日本代表として活躍する様な方は、昔から並々ならぬ努力をして成果を残してきているんですよね。それが認められたというわけです。

という事で、出身校や経歴、また代表選歴についても調べてみました。

藤田倭の出身校や代表戦歴は?

藤田倭選手は、生まれは大阪府ですが、出身中学は「佐世保市立崎辺中学校」です。中学進学前までには長崎県に引っ越したという事ですね。

中学ではもちろんソフトボールに所属し、エースとして活躍していたそうですよ。その実力が認められて高校はスカウトでの進学でした。

進学先は、「佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校」で、ソフトボールの強豪校です。

1年生で高校総体優勝、2年生、3年生で国体連覇を達成しています。これを偉業と言わずして何というかって感じですね!

高校卒業後に群馬県高崎市を拠点とする「太陽誘電」に入社し、同社のソフトボール部「ソルフィーユ」に入団します。「太陽誘電ソルフィーユ」はリーグ優勝6回、準優勝4回している強豪チームなんですよ。2017年シーズンは3位でした。

2012年から日本代表選手にも選出され、多くの舞台で活躍しています!

2012年カナディアンオープン優勝、世界選手権優勝

2014年第9回ワールドカップ4位、カナディアンオープン優勝、大垣国際カップ優勝、世界選手権優勝、第17回アジア大会優勝

2015年第10回ワールドカップ準優勝、カナディアンオープン優勝、ジャパンカップ準優勝

2016年日米対抗、第11回ワールドカップ優勝、世界選手権準優勝、ジャパンカップ優勝

2017年第6回東アジアカップ優勝、日米対抗、第12回USワールドカップ優勝、カナダカップ優勝、ジャパンカップ優勝、アジア選手権優勝、アジアパシフィックカップ優勝

2018年日米対抗、インターナショナルカップ準優勝、世界選手権準優勝、第18回アジア大会優勝、ジャパンカップ準優勝

ほとんど優勝!

現在、日本は世界ランク2位です。1位はアメリカ。やはりアメリカは強いですよね。

しかし、2008年北京オリンピックではアメリカが予選1位、日本が2位通過でしたが、決勝戦で日本が勝って金メダルでしたから!!

東京オリンピックでも金メダル獲ってほしいですね。正式種目として3大会ぶりに復活するわけですから、どの国も勝ちに来るでしょうし、熾烈極まる戦いになる事が予想されますね!楽しみです!!

日本代表に選出されてから、絶えず活躍しているわけですから、本物の実力者です。

試合中の迫力ある表情からは想像もつかないですが、藤田倭選手はとてもユニークな方の様ですよ。それは藤田倭選手のツイッターを見るとよく分かります。

藤田倭の性格は可愛くてチャーミング?

藤田倭選手はツイッターを利用しています。写真もよく投稿しているのですが、その写真たちがユニークで可愛らしい。

https://twitter.com/Yamatoo27/status/947643561108840448

https://twitter.com/Yamatoo27/status/816600925032693760

甥っ子姪っ子さんたちとの可愛らしい写真もありました。

https://twitter.com/Yamatoo27/status/815173758478450690

笑顔が素敵。

また、同じく日本代表選手の河野里美選手のツイッターで「1日1藤田」と題して1週間にわたって藤田倭選手の写真を投稿しており、そのハッシュタグが個人的にツボでした。ww

藤田倭選手がTBSの「情熱大陸」で特集されるにあたっての番宣を込めての「1日1藤田」だった様ですね。この放送日は2017年11月12日でした。

この投稿からも藤田倭選手の人柄が見えてきますよね。

藤田倭選手は、休日はよく出かけるそうです。写真を撮る事や自転車に乗る事が趣味だとか。また部屋の掃除も趣味との事。

アクティブ系キレイ好き女子ですね!やはり女性の部屋は整理整頓されていた方が女子力が高いと思われますよね。

好きなミュージシャンは「ONE OK ROCK」。女性に人気ですよねー。

Takaさんの声がとても素敵です。藤田倭選手もTakaさんの歌声に惚れ込んでいる様ですよ。普通の女の子の一面が見えて安心です。

藤田倭選手のツイッターには、たくさん写真が投稿されているのですが、中にはグローブなどのソフトボール用品の写真も投稿されています。

それが可愛いんですよ!!

という事で、藤田倭選手のグローブやバットについて調べてみました。

藤田倭の使用グローブやバットはどこのメーカー?

藤田倭選手が使用しているグローブが可愛いと注目を集めています。今や自由にカスタム出来る時代なんですねえ。

シーズンごとに使用グローブを変える事はもちろん、ハロウィンや母の日などのイベント時にも、そのイベントに合わせたイメージのグローブを使用しています。

https://twitter.com/Yamatoo27/status/918661007689392128

https://twitter.com/Yamatoo27/status/862569247628681216

https://twitter.com/Yamatoo27/status/773361502493421569

https://twitter.com/Yamatoo27/status/709669725614133248

どれも可愛い。汚れてしまうのがもったいないくらい。

メーカーは「ウィルソン」ですね。

2018年シーズンは「ローリングス」のグローブを使用していました。

安くはないですが誰でも注文出来る様なので、気になる方は是非!!

藤田倭選手だけでなく、代表選手は自分流にカスタムしている様です。愛着が沸くし、気合が入るのかもしれませんね。

バットについてはどのメーカーのものを使用しているか分かりませんでしたが、皮手袋やサポーターなども「ローリングス」か「ウィルソン」なので、恐らくバットも同じでしょうね。

https://twitter.com/Yamatoo27/status/907855926488469504

こんなにも可愛いグローブを使用している女性らしい藤田倭選手に「彼女がいる」なんて噂がある様なんですよ。

続いて、藤田倭は性同一性障害で彼氏じゃなくて彼女がいる?という話題について調べてみました。

藤田倭は性同一性障害で彼氏じゃなくて彼女がいるって本当?

藤田倭選手はもちろん女性ですが、その逞しい体つきと、豪快なプレーから、「男」「性同一性障害」といったワードと一緒に検索されている様なのです。

こういった噂を裏付ける情報は存在していません。彼女もいないでしょう。

名前も男性っぽいし、髪型もベリーショートですからね。藤田倭選手を知らない方が見たら男性と間違えてしまう方がいるかもしれません。
ですが、藤田倭選手は「女子ソフトボール日本代表」ですからね。紛れもなく女性です。

では、彼氏はいるのか。

調べてみた所、そういった情報もありませんでした。これまでソフトボール一筋でしたでしょうし、2020年には東京オリンピックでソフトボールが復活しますし、そんな暇はないでしょうかね。

好きな男性のタイプは、一緒にいて楽な人、あまり自分に干渉してこない人だそうです。

日頃お疲れでしょうからね、気を遣わない相手が1番良いに違いない。試合中は気迫が凄い藤田倭選手ですが、意中の相手と一緒の時は乙女になるのでしょうかね。

まだ27歳ですからね、まだまだこれからです。

やはり藤田倭選手のお相手となると、同じスポーツマンの方が良いんですかね。その方がお互いの気持ちが分かって一緒にいて楽かも。いやでも、頼んでもいないアドバイスとかされて嫌かも。

個人的には、野球界とソフトボール界のビッグカップル誕生を願っています。

今はソフトボール一筋だと思われる藤田倭選手ですが、何でも藤田倭選手と似ていると言われている方がいるんだとか。
しかも野球界に。という事で調べてみました。

藤田倭と似ている人は誰?

藤田倭選手と似ていると噂になっているのが、阪神タイガースの梅野隆太郎選手。

梅野隆太郎選手

引用:https://hanshin-tigers.net

2013年にドラフト4位で入団した捕手ですね。

確かに一重でやや垂れ目な所とか似ている気がしますが、男性と似ていると言われる女性と、女性に似ていると言われる男性の気持ちはどうなのでしょうねえ。口元も似てるかな。

藤田倭選手は、写真によって凄く女性的だったり、妙に男前だったりするんですよね。中性的っていうんですかね。

いつか2人バッテリー姿見てみたいですね!ww

最後に改めて藤田倭選手のプロフィールを紹介します。

藤田倭のプロフィール

藤田倭選手のプロフィール
名前:藤田倭(ふじたやまと)
生年月日:1990年12月18日(2018年12月現在27歳)
出身地:大阪府
身長:165㎝
職業:ソフトボール選手
ポジション:投手
投打:右投右打
所属チーム:太陽誘電ソルフィーユ

藤田倭(ソフト)身長体重や中学高校は?球速や実力も徹底調査!まとめ

藤田倭(ソフト)身長体重や中学高校は?球速や実力も徹底調査してみましたがいかがでしたか。まさに二刀流で日本ソフトボール界の核を担う存在でしたね。益々オリンピックが楽しみになってきました!きっと大活躍してくれる事でしょう!!
最後までご覧いただき有難うございました!