YOASOBI(ヨアソビ)ikura本名や年齢は?wiki経歴プロフィール!




引用:https://pbs.twimg.com


現在YouTubeで注目を集め、人気が急上昇しているYOASOBI(ヨアソビ)ですが、YOASOBI(ヨアソビ)のボーカルを務めているikuraさんがどんな方なのか気になりますよね。YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの歌声は透き通った声で、YOASOBI(ヨアソビ)の世界観にピッタリな歌声のikuraさん。

今回はYOASOBI(ヨアソビ)ikura本名や年齢は?wiki経歴プロフィール!について詳しく調べてみました。最後まで是非ご覧下さい。

 

YOASOBI(ヨアソビ)ikura経歴とプロフィール

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの経歴とプロフィールをご紹介していきます。

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの経歴

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんは小さい頃から、父親がギターを弾いていた環境で音楽に触れながら育っていました。

ikuraさんは小学校6年生になる頃には自分自身でギターの弾き語りが出来るほどになります。

ikuraさんが14歳の頃には、ボイストレーニング、クラシックバレエを習い、中学校の部活ではアンサンブル部でトランペットを担当していました。

その他にもピアノも小学校1年生から中学校2年生まで習い、学校生活では友達とikuraさんはバンドを組んでボーカルと担当するなど積極的に音楽活動を始めています。

ikuraさんインスタグラムより

 

この投稿をInstagramで見る

 

お家の庭に今年もライラック(リラ)が咲きました。 4歳の頃に母が植えてくれてから 毎年必ず咲いてくれます。

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

ikuraさんは中学校3年生になると「東京ガールズコレクション2015」に出場しており、ikuraさんは第3次審査まで通過しています。

このオーディションは日本でも最大級と言える規模のオーディションで、約2万人もの応募者がいるオーディションです。

ikuraさんさんが当時書いていたブログにはシンガーソングライターになることが夢だと語っています。

将来の夢はシンガーソングライターです。

将来の夢っていつのことを言うんですかね笑
もう将来じゃないですね!
もうここまできてるので!

シンガーソングライターになるために歌ってます。

引用:https://ameblo.jp

その後ikuraさんは2018年にテレビ朝日で放送された「音楽チャンプ」に出場しています。

2017年からはアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に加入し、ボーカル、ギター、トランペット、キーボードのパートを担当し活動しています。

2018年4月21日にはファーストミニアルバム『Rerise』をライブ会場限定作品としてリリースし、2019年にはセカンドミニアルバム『Jukebox』を会場限定作品としてリリースするなど精力的に活動しています。

そして2019年に音楽ユニット「YOASOBI」をボーカロイドプロデューサーのAyaseさんと共に結成し、ikuraさんはボーカルを担当しています。

2019年11月にリリースされた「夜に駆ける」で、YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんはデビューを果たし、この作品は何と公開から1ヶ月で100万回再生され注目を集める存在となっています。

YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraのプロフィールを紹介!本名は幾田りら

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんのプロフィールをご紹介していきます。

ikuraさんインスタグラムより

氏名:ikura

本名:幾田りら

生年月日:2000年9月25日(19歳)

出身地:東京都

職業:シンガーソングライター

レーベル:After School

公式ツイッター:https://twitter.com/ikutalilas

公式インスタグラム:https://www.instagram.com/lilasikuta/

ikuraさんの本名は「幾田りら」さんだと判明しました!

でikura名義で活動されているのは本名が「幾田りら」(いくた り)というところから来ているですね。

ikuraさんはそれまで歌手を目指していましたが、この頃ikuraさんはシンガーソングライターになることを目標にすることとなりました。

本名である「幾田りら」名義でも活動もされています。

続いてはikuraさんの年齢について調べてみました。

 

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの年齢

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの年齢について調べてみました。

ikuraさんは2000年9月25日生まれで、2020年5月現在20歳です。

続いてはikuraさんは3歳まではシカゴに住んでいた!という話題について調べてみました。

 

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraは3歳まではシカゴに住んでいた

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんは東京都の出身ですが、実は0歳から3歳まではシカゴに住んでいました。

本名である「幾田りら」名義でのツイッターにはシカゴ時代の写真もアップされています。

猫ちゃんと一緒に遊んでいる姿が可愛すぎますよね。

ikuraさんインスタグラムより

 

この投稿をInstagramで見る

 

あけおめことよろです🎌 このチュロスばりうまでした。 次のライブは1/7 下北沢MOSAiCです、 ご予約はlilastaffまで✉️

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

続いてはYOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの家族構成について調べてみました。

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの家族構成

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの家族構成について調べてみました。
家族は父親、母親、ikuraさん含む4人兄弟の6人家族です。

ikuraさんインスタグラムより

ikuraさんは、2018年に出演した「音楽チャンプ」内で、4人兄弟の末っ子として紹介されています。

お姉さんかお兄さんかは分かっていませんが、ikuraさんには12歳年の離れたお兄さん、4歳年上のお姉さんがいることが分かっています。

現在は削除されてしまっていますが、2016年のツイッターの投稿では実家に帰った際にお兄さんにギターの弾き語りをしてもらったことや、4歳年上のお姉さんが2015年当時音大生だったことも呟かれています。

父親だけではなく、お兄さんやお姉さんも音楽に関わっていたんですね。

続いてはYOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの高校、大学について調べてみました。

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの高校、大学について

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんは高校や、大学については公表されていません。

しかし調べてみると出身高校は「中央大学付属高校」ではないか?と噂されています。

ikuraさんインスタグラムより

 

この投稿をInstagramで見る

 

そういえば最後の体育の授業 ドロケイとしっぽ取りだったな。 マイフレンズと。 * #highschool #highschoollife #jk #film

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

中央大学付属高校は偏差値が71もある進学校です。
2018年のツイートには希望の大学に合格したこともツイートされています。

ikuraさんツイッターより

https://twitter.com/ikutalilas/status/1051458476377919488?s=20

2019年4月のインスタグラムには大学の入学式に参加する姿をインスタグラムにアップされています。

ikuraさんインスタグラムより

 

この投稿をInstagramで見る

 

先日入学式でした🕊 大学生の実感がじわじわきてる、!

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿 –

現在大学生でもあるikuraさん、シンガーソングライターとしても活動され忙しい日々を過ごされていますね。

続いてはYOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの作品紹介していきます。

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの作品紹介

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんがYOASOBIのボーカルとして活動されている作品をご紹介していきます。

YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

YOASOBI「あの夢をなぞって」 Official Music Video

YOASOBI「ハルジオン」Official Music Video

YOASOBI – 夜に駆ける / THE HOME TAKE

どの作品も映像とikuraさんの歌声がマッチングしていて世界観に浸ることができる作品ですよね。

最後にご紹介した「YOASOBI – 夜に駆ける / THE HOME TAKE」はステイホーム週間に作られた映像作品となっており、YOASOBI(ヨアソビ)ikuraさんの歌っている姿も見ることができます。

YOASOBI(ヨアソビ)ikura本名や年齢は?wiki経歴プロフィール!まとめ

YOASOBI(ヨアソビ)ikura本名や年齢は?wiki経歴プロフィール!という話題について調べてみましたがいかがでしたか?

ikuraさんの本名が「幾田りら」さんで、YOASOBIとして活動される以前から音楽活動をされ現在に至っていたんですね。これからもikuraさんの活動から目を離すことができませんね。応援していきましょう。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です