芳根京子可愛いくない?花子とアンラストシンデレラ役柄が気になる!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





引用:https://www.cinematoday.jp


芳根京子可愛いくない?花子とアンラストシンデレラ役柄が気になる!と話題になっています。朝ドラヒロイン、月9ヒロインなどを演じ、若手女優として最も注目を集めている1人である芳根京子さん。お人形さんみたいに可愛らしいですよね。しかし、実は可愛くないといった声もある様なのです。今回は、芳根京子可愛いくない?花子とアンラストシンデレラ役柄が気になる!について調べてみました。是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

芳根京子プロフィールと経歴

芳根京子さんプロフィール

芳根京子

引用:https://ameblo.jp

名前:芳根京子(よしねきょうこ)
生年月日:1997年2月28日(2018年9月現在21歳)
出身地:東京都
身長:159㎝
ジャンル:映画、テレビドラマ、CM
活動期間:2013年-
所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

高校1年生の時、友人に誘われて行った遊助(上地雄輔さん)のライブ会場でスカウトされ芸能界入り。上地雄輔さんは、後に同事務所の先輩になります。

都立の高校に通っていましたが、これを機に通信制高校に転校しました。
元々は料理の専門学校に行こうと思っていて、女優志望ではなかったそう。

2013年「ラストシンデレラ」(フジテレビ)で女優デビューを果たします。

2014年「物置のピアノ」で映画初出演初主演。

2015年「表参道高校合唱部!」(2015年TBS)のキャストオーディションで1000人以上の参加者の中から主演に選ばれ、テレビドラマ初主演果たします。

2016年NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」では、オーディションを経て主演のヒロインに抜擢されました。

2018年9月以降、公開予定の映画が3本も控えています。

芳根京子さんの主な出演作をピックアップ!続いて、芳根京子主な出演作とその役柄について調べてみました。

スポンサーリンク

芳根京子主な出演作とその役柄

芳根京子さんの主な出演作をまとめてみました。

テレビドラマ

「ラストシンデレラ」(2013年フジテレビ)、連続テレビ小説「花子とアン」(2014年NHK)、「表参道高校合唱部!」(2015年TBS)、「モンタージュ 三億円事件奇譚」(2016年フジテレビ)、「連続テレビ小説「べっぴんさん」(2016年NHK)、「小さな巨人」(2017年TBS)、「海月姫」(2018年フジテレビ)、「イノセント・デイズ」(2018年WOWOW)、「高嶺の花」(2018年日本)

映画

「物置のピアノ」(2014年)、「幕が上がる」(2015年)、「先輩と彼女」(2015年)、「心が叫びたがってるんだ」(2017年)、「わさび」(2017年)、「累」(2018年)

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロイン役で一気に注目を集めた印象でしたが、4クール前の連続テレビ小説「花子とアン」にも出演していたのですね。

芳根京子さんの主な出演作の中で、NHK連続テレビ小説2作品と、女優デビュー作品となったテレビドラマ「ラストシンデレラ」、公開直後の映画「累」の役柄に着目してみました。

花子とアンでの役柄

吉高由里子さん主演。

有名な小説「赤毛のアン」の日本語翻訳者村岡花子さんの半生を原案とした作品です。

芳根京子さんの役柄は、吉高由里子さん演じる花子の女学生時代の友人(仲間由紀恵さん演)の娘富士子役でした。兄を戦争で亡くし、父は非国民扱いをされ、富士子自身も投石されたりと、辛い役でしたね。

制服姿が初々しいです。4年前ですが、今とあまり変わらないような。

オーディションでこの役を勝ち取った芳根京子さん。

オーディションの合格をおばあ様と一緒に願っていたそうです。しかし合格発表当日がおばあ様のお葬式になってしまったとの事。
富士子役はおばあ様がくれたプレゼントかもしれませんね。合格を喜んでくれたはずですし、今も見守ってくれているはずです。

余談ですが、本作品には花子の末妹として土屋太鳳さんも出演していました。「花子とアン」の1クール後に放送された「まれ」の主演が土屋太鳳さんでしたね。

脇役での演技が、後のヒロイン抜擢に繋がるのかもしれません。

べっぴんさん

芳根京子さんが女優として一躍有名となった作品である「べっぴんさん」。

アパレルメーカーファミリア創業者の1人である坂東惇子さんがモデル。

戦後の焼け野原の中で、様々な事情を抱える女性たちが子供服作りにまい進し、夢へと向かっていくという物語で、芳根京子さんは主演のすみれの15歳から50代までを演じました。

https://twitter.com/YoshineKyoko/status/848184239048630272

当時19歳だった芳根京子さん。フレッシュなヒロインを演じ、涙を流すシーンは特に評価が高い様ですが、50代の孫がいるおばあちゃん役は無理がある関西弁が習得出来ていないといった酷評も中にはありました。

ですが、芳根京子さんは、2261人ものオーディション参加者の中からヒロインに選ばれたのです。演技力があるからこその合格ですよね。

ラストシンデレラ

芳根京子さんの女優デビュー作となった「ラストシンデレラ」。

主演は篠原涼子さんでした。

篠原涼子さん演じる美容室の副店長桜は、40歳目前で恋の仕方も忘れたおやじ女子。そんな桜と、16歳年下の広斗(三浦春馬さん演)との恋愛模様を描いている作品です。

芳根京子さんはと言うと、桜の親友竹内美樹(大塚寧々さん演)の娘役でした。

リアルタイムで見ていましたが、全然気づきませんでした。

当時芳根京子さんは16歳。作品内でも制服姿です。
それにしても制服が似合いますね。現役だから当たり前ですかね。

この役もオーディションで獲得

芳根京子さんにとって、篠原涼子さんは事務所の先輩でもあり、憧れの先輩でもあるそうです。そんな方と共演出来るなんて、合格発表の時はさぞ嬉しかった事でしょうね。

2018年9月7日に公開された映画「累」。

原作は松浦だるま氏の漫画。

醜い顔を持つヒロインが、口づけをした相手の顔と声を入れ替える事が出来る口紅の力を使い、他人の顔を奪いながら女優として活躍していくというお話。

芳根京子さんは、醜い顔をもつヒロイン「累」を、顔を奪われる美人女優「ニナ」を土屋太鳳さんが演じています。

原作漫画は、人間の醜さと欲望で溢れている作品です。やや怖い。

作中では、芳根京子さんと土屋太鳳さんのキスシーンが何度も拝めるとか。朝ドラ女優の芳根京子さんと土屋太鳳さんが一体どんな風に演じているのか楽しみですね。

芳根京子さんを巡って、論争が勃発。続いて、芳根京子は肌荒れで可愛いくない?素朴で可愛い?どっちなの?について調べてみました。

スポンサーリンク

芳根京子は肌荒れで可愛いくない?素朴で可愛い?どっちなの?

芳根京子さんと言えば、くりくりな目に色白、美人というより可愛い印象を受けますよね。
着飾らず自然体なイメージ。

ドラマやCMでもその可愛らしい姿を見せてくれていますが、一方で「可愛いくない」という声も。

着飾らず自然体なその素朴さが、「可愛いくない」と言われてしまっている様なのです。

芸能人、女優というと華やかなイメージを持ちますが、芳根京子さんの場合、メイクもナチュラルメイクなので、地味な優等生タイプに映ってしまうのかもしれません。

素朴さを可愛いととるか可愛くないととるかは、人それぞれですね。

「鼻が変、でかい」という声もありました。
別に変でも大きくもないですけどね。
むしろ形の良い鼻です。

逆に顔のパーツが整いすぎていて怖い的な「可愛いくない」なのかも。

また芳根京子さんの肌が荒れているという声も。

「海月姫」(2017年フジテレビ)の時の芳根京子さんですが、確かにやや肌荒れしている様に見えますね。海月姫はオタク女子役でしたので、ほぼノーメイクであったでしょうから、余計に肌荒れが目立ってしまったのかもしれません。

また、芳根京子さん自身が、「肌荒れしやすく荒れたら即皮膚科にお世話になっている」とSNS上で発言していました。

https://twitter.com/YoshineKyoko/status/529291334423560192

普段丁寧にケアしていても、体質ですから芸能人と言えど肌荒れくらいしますよね。

仕事が忙しければ尚のことです。

検索されているワードの「可愛いくない」ですが、文末に?を付けると「可愛いくない?」になります。
結局の所、芳根京子さんは可愛いんですよね。

結局可愛かった芳根京子さんの可愛い画像を集めてみました!続いて、芳根京子の可愛い画像一覧!すっぴん画像も!?について調べてみました。

芳根京子の可愛い画像一覧!すっぴん画像も!?

芳根京子さんは、公式ブログなどSNSを利用しています。

その中には可愛い芳根京子さんで溢れていました。

すっぴんですかね。

メイクしていてもナチュラルだから分かりません!

どの写真も可愛い、そしておちゃめ

こんなにも可愛い芳根京子さんに怖い異名が。続いて、芳根京子はオーディション荒らし?とはについて調べてみました。

芳根京子はオーディション荒らし?

芳根京子さんには「オーディション荒らし」という異名があるとかないとか。
どうゆう事なのでしょうか。そんな荒々しいイメージないですけどね。

どうやら、オーディションをたくさん受けていて、なおかつ、合格する事も多い事から、「オーディション荒らし」と言われている様です。

「ラストシンデレラ」「花子とアン」「表参道高校合唱部!」「べっぴんさん」はオーディションで勝ち取った役でした。

その為同世代の女優や事務所の方々は、オーディション会場に芳根京子さんがいると、嫌がるというか、芳根京子さんがいるから自分はダメだと思ってしまうとか。

数々のオーディションで役を物にしている芳根京子さんには適わないと思われているという事ですね。

しかし、オーディション荒らしの異名を持つ芳根京子さんでも、オーディション落選の経験はありました。
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のオーディションでは一次審査で落選

その約1年後に合格したのが「べっぴんさん」でした。

オーディションの際に提出する履歴書には、「オーディションを受けなくても仕事が出来るようになりたい」と記載していた芳根京子さん。

デビューから3年という短い期間で、朝の顔であるNHK連続テレビ小説のヒロインに抜擢、一気にスターダムにのし上がりました。その間オーディションを経て話題作にも出演。

オーディションを受けても陽の目を見る事なく辞めざるを得ない女優も中にはいるでしょう。そういった人や、傍から見れば芳根京子さんは、とんとん拍子に進んでいるという印象を受けなくもないです。

でも、実際は公にしていないだけで、もっとたくさんのオーディションに落選していた経験はあると思います。大変だった過去もあるはずです。

有名で実力のある女優になる人は、きっと百戦錬磨ではなかったと思います。
そんな簡単な話じゃないはず。

華々しく活躍する芳根京子さんですが、病気の噂が。続いて、芳根京子は難病から復帰したって本当?について調べてみました。

芳根京子は難病から復帰したって本当?

芳根京子さんは、難病と闘っていたという過去があると噂になっています。今は病気の様子もなく活躍されていますが、実際の所どうなのでしょうか。

調べてみた所、芳根京子さんは中学2年生の時に「ギランバレー症候群」という病気を発症していたそうなのです。

「ギランバレー症候群」とは、筋肉を動かす神経に障害が起き、手足に力が入らなくなるという病気です。発症率は10万人に1人という珍しい病気ですが、完治率は90%と高め。難病ではあるけど、指定難病(医療費助成受けられる)ではない様です。

発症してからは、1年間ほど学校に通うことも苦労したそうですが、克服出来た様ですね。
重症化すると稀に死に至る方もいるのだそう。

中学2年生という若さで、そんな大病を患っていたとは、今の芳根京子さんからは想像もつきませんが、そういう苦労があったからこそ今の芳根京子さんが在るのかもしれません。

芳根京子さんと似ている女優がいる様です。続いて芳根京子と似ている女優は中島ひろ子?について調べてみました。

芳根京子と似ている女優は中島ひろ子?

素朴で可愛らしい芳根京子さんと似ていると言われている女優がいるそうです。
その名は中島ひろ子さん。

中島ひろ子

引用:https://thetv.jp

テレビドラマ「半沢直樹」や「逃げるは恥だが役に立つ」などに出演していますね。
あまり似ている気がしませんが。

あー分からなくもない、くらいの感想ですね。
中島ひろ子さんは芳根京子さんが主演を務めたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にも出演しており、共演姿を見た視聴者が、似ていると思ったのかもしれません。

なんとなく似ている。気がします。

学生服が似合う芳根京子さん。続いて、芳根京子出身高校はどこ?都立富士高校は嘘?について調べてみました。

芳根京子出身高校はどこ?都立富士高校出身は嘘?

芳根京子さんは上述した様に、高校1年生でスカウトされ芸能界入りを果たします。
それまでは都立高校、芸能界入りしてからは、通信制高校に転校しました。

芳根京子さんが通っていた高校は「都立富士高校」という噂は前々からありましたが、実はそうではないという噂も浮上しています。

「都立富士高校」の噂の発端は、校則が厳しく転校したという芳根京子さんのブログ内の発言芸能活動が禁止だった様なのです。この事から芸能活動禁止の校則が厳しい「都立富士高校」が浮上しました。

それが、やはり違うのではないか?となぜ言われる様になったのかは定かではありませんが、転校して卒業はしていないから、「都立富士高校」出身ではない、という事でしょうか。
転校先の通信制高校名を明らかにされていませんが、芸能人御用達の「日出高校」「東海大付属望星高校」の名前が候補に挙がっています。

結局の所、高校名は分かりませんでした。分かっているのは、芳根京子さんは、都内の通信制高校を無事卒業したという事だけです。

最後に改めて芳根京子さんのプロフィールを紹介します。

芳根京子プロフィール

芳根京子さんプロフィール
名前:芳根京子(よしねきょうこ)
生年月日:1997年2月28日(2018年9月現在21歳)
出身地:東京都
身長:159㎝
ジャンル:映画、テレビドラマ、CM
活動期間:2013年-
所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

芳根京子可愛いくない?花子とアンラストシンデレラ役柄が気になる!まとめ

芳根京子可愛いくない?花子とアンラストシンデレラ役柄が気になる!について調べてみましたがいかがでしたか?芳根京子さんは可愛すぎという事が十分分かりましたね。まだまだ若いこれからの女優さんです。素朴で自然体、幅広い演技力で、これからもたくさんの作品に出てくれる事を祈っています。応援しています!
最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク