足利フラワーパークイルミ期間は?渋滞やツアー情報も気になる!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





 

引用:https://illumi.walkerplus.com


足利フラワーパークイルミ期間は?渋滞やツアー情報も気になる!と検索する人多数。冬の醍醐味イルミネーション。美しさに圧倒され感動しますよね!数多くのイルミネーションの中でも評価の高い足利フラワーパーク。日本三大イルミネーションにも選ばれています。今回は、足利フラワーパークイルミ期間は?渋滞やツアー情報も気になる!について調べてみました。是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

足利フラワーパークの2018年シーズン開園時間や料金は?

足利フラワーパークは四季折々の花を観賞する事の出来る花のテーマパークです。

春の足利フラワーパーク

引用:https://blog.goo.ne.jp

花が少なくなる冬には、イルミネーションが開催され、光の花で埋め尽くされます。その名も「光の花の庭」

気になる2018年シーズンの開催期間ですが、2018年10月27日(土)~2019年2月5日(火)です。大晦日は休園ですが、それ以外は休みなく開催しています。
点灯時間は16時30分~21時土日祝日は21時30分までです。

この時期、昼の部(9時~15時まで)と夜の部(15時30分~21時までに分かれており、昼の部と夜の部は入れ替え制になっています。

夜の部の入園料は、大人900円子供500円です。昼の部については、花の咲き具合、つまり時期によって変動します。当日の開園時間や入園料は、足利フラワーパークのホームページに掲載されていますので、行く前にチェックしてからの方が安心ですね。

オリジナルなイルミネーションを観賞する事の出来る足利フラワーパーク。職人さんが1つ1つに着色しているそうです。
評価されるに値する演出をしてくれているわけですね。

足利フラワーパークは東京ドーム約7個分の敷地面積があり、その広大な敷地内で少しも闇の部分がなく、所せましと光が輝いています。見ていて飽きがこないし見どころしかないかも。

続いて、足利フラワーパークの2018年シーズン見どころやおすすめスポットは?について調べてみました。

スポンサーリンク

足利フラワーパークの2018年シーズン見どころやおすすめスポットは?

足利フラワーパークは、夜景観賞士が選ぶイルミネーションランキングで2年連続で全国1位を受賞しています。そんな足利フラワーパークイルミネーションの見どころをピックアップしてみました。

藤のトンネルに奇蹟の大藤

足利フラワーパークの名物と言えば、大藤棚。春には「ふじのはな祭り」が開催されています。大藤は足利市の天然記念物にも指定されています。

足利フラワーパークの藤棚は、250畳もある大規模な大藤棚で、藤の花の変わりに光の花が咲き乱れます。

全長80mもある「黄花藤のトンネル」「白藤のトンネル」。本当に藤の花の下をくぐる様な体験が出来ます。電球がぶら下がっているだけでなく、1つ1つの電球に藤の花の形をしたカバーが取り付けられているんですよ。何万球もある電球に。果てしないですよね。でも、このカバーのお陰でより立体的で迫力ある演出に仕上がっているのではないでしょうか。

藤の花が咲く様子をイルミネーションを動かす事で再現している「奇蹟の大藤」。まるで春の藤を見るかのように、咲き始めから満開、そして舞い散るまでのストーリーを間近で見る事が出来ます。開園当初72平方メートルだった藤の花が1000平方メートルまで成長を遂げました。この生命力が「奇蹟」なのだそうです。

光の壁画

山の斜面を利用して作られた光の壁画では、日本の四季や銀河鉄道の夜などのテーマを光と音で表現しており、じっくりと魅入る事の出来る演出になっています。まるでアニメーション作品を見ている様な演出は、細部にまでこだわっている繊細さと大胆さが隣り合わせで、圧倒されると共に、心温まるイルミネーションになっています。

フラワーキャッスル

2017年シーズンに新設されたフラワーキャッスル。光の花畑の中に花で彩られたお城。まるでメルヘン、夢の国。

https://twitter.com/m_mabo10/status/948530008305278976

中も外も花で飾り付けられたお城は絶好の撮影スポット。混雑時には長蛇の列が出来る事が予想されます。中に入る事も可能で、中は白赤ピンクのバラでオシャレに飾り付けてあり、その美しさで心が洗練されていく様な気持ちになるでしょう。どっぷりとその世界観に浸る事が出来ます。

恋人の聖地に愛の鐘

恋人の聖地に認定された藤のガゼボ。真っ白な光とバラでライトアップされており、カップル必見。隣には白バラで埋め尽くされたベンチがあり、座るしかない。撮影スポットとしても人気ですね。

愛の鐘を鳴らす事の出来るドームもあります。ドームはハートのイルミネーションで飾り付けてあり、そこから愛の鐘が吊るされています。「愛の鐘を1回鳴らして2人の愛を誓いましょう」という看板がありますので、愛を誓いたいカップルは是非鳴らしてみてください。

期間限定

足利フラワーパークのイルミネーションは、「光と花のコラボレーション」10月27日~11月中旬まで、「フラワーパークのクリスマス」11月中旬~12月下旬まで、「ニューイヤーイルミネーション」元旦から2月5日までの3つのテーマを期間に分けての演出があります。

「光と花」には、池に咲く蓮の花。水鏡効果で光の量が増すのでより一層幻想的です。

「クリスマス」には、大きなクリスマスツリー。トナカイがひくソリもあり、ソリには乗る事も出来ます。撮影スポットですね!

こういったそれぞれの期間限定の演出もありますので、3度来園し、全てのテーマを見てみたいものです。

他にもたくさんの演出があり、人気を誇るだけあります。しかし人気があるという事はそれだけ観光客も多いという事。
出来れば、スムーズにゆったりと鑑賞したいけど。

続いて、足利フラワーパークはペット入場可能?混雑しない時間帯は?について調べてみました。

スポンサーリンク

足利フラワーパークはペット入場可能?混雑しない時間帯は?

足利フラワーパークは、残念ながらペットの入場は出来ません預かり場所もないので、ペットにもイルミネーションを堪能させてあげたい!という方は、ペット入園可能なイルミネーション施設を探しましょう。

関東地方でいえば、群馬県太田市のおおたイルミネーションや茨城県土浦市の水郷桜イルミネーション、千葉県富津市のマザー牧場イルミネーションなどがあります。

ペットを連れていく際には、マナーをしっかり守り、動物嫌いな方もいるという事を忘れずにしましょう。

時期にもよりますが、混雑しない時間帯はライトアップ直後か閉園間際かと思われます。大体18時頃から人出が増し、19時から20時にはピークを迎えます。

12月が最も混雑すると予想されますので、11月か1月が時期的には比較的混雑しないかと。いずれの時期にしても平日の方が無難でしょう。

園内が混雑するという事は、園内に入るまでも混雑するって事ですよね。1台出たら1台入ってと、延々と車中で待つ可能性も。
事前の計画が大切です。

続いて、足利フラワーパークのアクセス情報や渋滞情報は?について調べてみました。

足利フラワーパークのアクセス情報や渋滞情報は?

足利フラワーパークの最寄り駅は、JR両毛線のあしかがフラワーパーク駅です。この駅、2018年4月に開通したばかりの新しい駅なんですよ。

開通前の最寄り駅は富田駅で、足利フラワーパークまで徒歩13分かかっていました。「あしかがフラワーパーク駅」は降りたら目の前徒歩3分です。

東京方面からの場合、上野駅からJR東北本線を利用し、小山駅でJR両毛線に乗り換えます。東武伊勢崎線利用の方は、久喜駅でJR東北本線に乗り換えて小山駅よりJR両毛線です。

また、東武伊勢崎線の足利市駅からは、足利フラワーパーク行きの無料シャトルバスが出ています。(土日祝日のみ)。

繁忙期はあしかがフラワーパーク駅は大変混雑が予想されますので、シャトルバスの利用や、富田駅から徒歩の方が混雑を避けられるかもしれません。

車で行く場合、東北自動車道佐野藤岡ICより国道50号線足利方面へ約18分、北関東自動車道太田桐生ICより国道122号線経由国道50号線足利・小山方面約20分、足利ICより国道293号線経由県道67号佐野方面約15分、佐野田沼ICより県道16号経由県道67号足利方面約12分。

駐車場は常時300台収容(無料)可能で、イルミネーション期間には、最大6000台収容可能の無料臨時駐車場が用意されています。

しかし、イルミネーション期間の中特にクリスマスシーズンは駐車場が満杯になる事もありますし、周辺道路も時間帯によっては渋滞でかなりの混雑になります。夜の部の開園時間15時30分に到着するつもりで出発した方が安全です。明るい内に入りましょう。

平日であれば車でもスムーズかもしれませんが、週末や祝日は道路規制などもあるので、公共交通機関を利用した方が、心に余裕が持てそうです。

随所に散りばめられたイルミネーションを観賞しつつ、食事もしつつ、お土産も見るとなると、所有時間90分以上は必要と思われますので、込み具合や所要時間を考えて計画的に出かけましょう。

イルミネーションを観賞するだけでも十分ですが、やっぱりグルメやお土産も忘れちゃいけない。せっかく来たのだから記念を残したいですよね。

続いて、足利フラワーパークのお土産や食事は?について調べてみました。

足利フラワーパークのお土産や食事は?

足利フラワーパークにはもちろんお土産屋さんも豊富にあります。正面ゲートを入るとすぐに大きなお土産屋さんエリアに突入。

フラワーパークですから、様々な種類の花鉢植えやサボテンや、栃木県ご当地お土産である、とちおとめのお菓子やレモン牛乳のお菓子もあります。

お土産ランキング1位は、藤まんじゅう

クリスマス期間限定の商品や、毎年オリジナルの商品も販売しています。

正面ゲートのお土産屋さんはとても広いので種類も豊富。お土産屋を見ているだけでも楽しくなりそうです。他の場所にもお土産屋さんはありますが、規模が小さくなるので、正面ゲートがお勧めです。

イルミネーション期間限定の、光る飴や光る綿あめも販売しています。

光るお菓子を片手にイルミネーションを観賞する。風情がありますね。

食事に関しても、正面ゲートの所に常設のフードコートやレストラン、屋台があります。寒い夜にはもってこいのスープや佐野ラーメン耳うどんひもかわうどんなどのご当地麺宇都宮餃子に肉巻きおにぎり串、王道のたこ焼きや唐揚げなどもあります。銀だこでは、足利フラワーパーク限定の和風しょうゆ焼き明太子味があります。やはり、ここでしか食べられないご当地グルメを食べたいですよね!

名物の藤のソフトクリームは是非食してみたいものですが、夜は寒いかも。

https://twitter.com/mikeneko_Zzz/status/995743722892476416

園内奥にも屋台などはあります。テーブルとイスも設置されているので、食事をしながらイルミネーション鑑賞も可能です。

イルミネーション鑑賞後はその余韻に浸りたいものです。どうせ浸るならホテルでゆったりと。

続いて、足利フラワーパークの近隣ホテルは?割引券はある?について調べてみました。

足利フラワーパークの近隣ホテルは?割引券はある?

足利フラワーパークは割引券があります。割引券には、100円割引券と200円割引券の2種あり、高速道路のPAJRの駅観光案内所などに置いてあります。

また足利フラワーパーク近隣のホテルでは、宿泊すると割引券をもらえるホテルもあります。最寄りといっても、あしかがフラワーパーク駅や富田駅周辺にはありません。

足利駅か佐野駅であれば、ホテルも飲食店もあって便利です。

足利駅徒歩3分の所にあるホテル高雄では、チェックインの際に足利フラワーパークへ行く事を伝えると割引券をくれます。

足利や佐野にあるホテルはほとんどがビジネスホテルです。栃木といえば温泉を想像する方もいると思いますが、さらに奥地へ行かないとないですね。1番近い温泉地で群馬県太田市になるかと。

割引券に関して、足利フラワーパークのメール会員になる、JAFの会員証を見せる、コンビニで前売り券を購入するという手もあります。

現地でチケットを購入するのにも並ぶ必要がありそうですから、前売り券を買っておいた方が入場がスムーズかもしれませんね。

足利フラワーパークは人気のスポットなので、青森県や新潟県などからのツアーもあるんですよ。もちろん関東圏は豊富にあります。

続いて、足利フラワーパークのバスツアー一覧!について調べてみました。

足利フラワーパークのバスツアー一覧!

足利フラワーパークへのバスツアーはたくさんあります。足利フラワーパークのイルミネーションを堪能するだけでなく、ご当地グルメやいちご狩り、世界遺産観光まで一緒に出来たら嬉しいですよね。

では、各バス会社が提供する関東圏発のバスツアーをいくつか紹介します。

あしかが「光の花の庭」&魅惑のスイーツビュッフェと世界遺産の日光散策池袋発日帰り
(8:00or8:30出発 20:30到着予定)
磐梯日光店‥日光山散策‥いちごの里‥あしかがフラワーパーク朝食×
昼食〇
夕食×
大人1名8.980円~9.680円
トイレ付バス・レガートで行く とちおとめケーキ作り体験&スカイベリー狩りとあしかがフラワーパーク「光と花の庭」新宿西口発日帰り
(9:30or9:00出発 20:30予定)
佐野プレミアムアウトレット‥栃木いちご狩り‥いちごの里‥あしかがフラワーパーク朝食×
昼食×
夕食〇
大人1名11.000円~11.500円
夕方発 サクッとあしかがフラワーパークドライブ新宿西口発日帰り
16:30出発 22:00到着予定)
あしかがフラワーパーク朝食×
昼食×
夕食×
大人1名4.980円~5.480円
冬の贈り物お食事3食付き&お持ち帰り3キロあしかがフラワーパークイルミネーション練馬中野発日帰り
(9:40or10:00出発 19:30~21:30到着予定)
原田農園‥譽國光‥まいたけセンター‥赤城フーズ‥あしかがフラワーパーク朝食〇
昼食〇
夕食〇
大人1名7.990円~8.990円
足元ゆったりバスで行く!2つのXmasイルミネーションと14種の湯船でにごり湯を堪能!ホテルサンバレー那須町田横浜東口発1泊2日
(7:30or8:40出発 翌日21:00or20:00到着予定)
1日目 ブリティッシュヒルズ‥那須温泉
2日目 クリスマスタウン‥那須ステンドグラス美術館‥ダイアナガーデンエンジェル美術館‥大麦工房ロア‥あしかがフラワーパーク
1日目朝食×昼食×夕食〇
2日目朝食〇昼食×夕食×
大人1名24.900円~27.900円

女性限定やお土産付きなど、魅力的なツアーがたくさんありますね!ツアーで行っても混雑は避けられないかもしれませんが、団体行動が出来る方はツアーで行く足利フラワーパークもおすすめです。

ツアーでも家族とでも恋人とでも友達とでも、行ったらきっと楽しめる足利フラワーパークのイルミネーションです。

 

https://twitter.com/yumitaco1/status/950311111781306369

足利フラワーパークイルミ期間は?渋滞やツアー情報も気になる!まとめ

足利フラワーパークイルミ期間は?渋滞やツアー情報も気になる!という話題について調べてみましたがいかがでしたか。毎年パワーアップしている足利フラワーパークのイルミネーション。観る人の為に作られた細部にこだわった演出は、とても美しく幻想的で感動する事間違いなしです。是非1度は足を運んでその目で見て頂きたい。平日に公共交通機関を利用してスムーズな鑑賞を。

最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク