プデュ48グループバトル結果は?メンバー詳細も気になる!

スポンサーリンク




スポンサーリンク





プデュ48グループバトル結果は?メンバー詳細も気になる!と噂になっています。 グループバトルでの順位発表で番狂わせが起き怒涛の展開となっています。 今回はプデュ48グループバトル結果は?メンバー詳細も気になる!という話題について調べてみました。 最後まで是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

 

目次

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトルとは?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトルとは、同じ課題曲を2組のグループが披露し、どちらのグループのパフォーマンスが良かったかを会場の国民プロデューサーが現地投票で結果を出すというものです。

このグループバトルは、個人の得票数が後々の個人ランキングに反映される為、練習生にとっては大事な場面となります。
そしてグループバトルに勝利したチームには1000ベネフィットが加算されるという形になる為PRODUCE48(プデュ48)のグループバトルはとても大事な機会なのです。

各練習生は16組のグループに別れ、8曲の課題曲の中から1つの課題曲を選択しパフォーマンスします。
このグループバトルでは同じ課題曲を2組のグループが発表する形になります。

このグループバトルでのグループのチーム分けはランダム抽選となっており、抽選箱から選ばれた練習生が、一緒にチームを組みたいメンバーを指名するという方式になっています。

またこのグループバトルで決定した順位の59位以降の練習生は脱落することとなります。その為、参加している96名の練習生の半分はこのグループバトルでPRODUCE48のオーディションから去ることとなります。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトルは第3回、第4回の放送で放送されました。

グループバトルで披露された曲をご紹介します。
・「Love Whisper(GFRIEND)」
・「Peek-A-Boo(Red Velvet)」
・「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」
・「マンマミーア!(KARA)」
・「ハイテンション(AKB48)」
・「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)
・「Like Ooh-Ahh (TWICE)」
・「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」

この曲を8組の練習生グループで競い会うこととなりました。

https://twitter.com/_y0uka/status/1000256566715600897

グループバトルでのメンバーと評価がどのようになったのかを確認していきましょう。
まずはGFRIENDの「Love Whisper」を披露したグループメンバーと評価です。

スポンサーリンク

 

 

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Love Whisper(GFRIEND)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Love Whisper(GFRIEND)」を披露した2組はこちらです。このメンバーでGFRIENDの「Love Whisper」を披露し競い合いました。

第1組「Love Whisper(GFRIEND)」メンバー

第1組「Love Whisper(GFRIEND)」メンバー
・武藤十夢
・永野芹佳
・市川愛美
・山田野絵
・ワン・クォ
・ソン・ウンチェ

メインボーカルがぴったりなメンバーがいない中、メインボーカルを引き受けることとなった市川愛美さん。
市川愛美さんは練習中に上手に声が出なかった為、結果メインボーカルを交代することとなりワン・クォさんがメインボーカルを担当します。

第2組「Love Whisper(GFRIEND)」メンバー

第2組「Love Whisper(GFRIEND)」メンバー
・矢吹奈子
・荒巻美咲
・栗原紗英
・キム・ナヨン
・ユン・ウンビン
・カン・ダミン

トレーナーからは矢吹奈子さんの綺麗な高温の歌声にトレーナー陣から高評価を受けます。

矢吹奈子さんの歌声でチームを引っ張り結果、2組目のこちらのグループが勝利することとなりました。
このグループバトルでのパフォーマンスがきっかけで、矢吹奈子さんは韓国でも注目のメンバーとなっています。

https://twitter.com/tonarino10taku/status/1012729367531683840

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Peek-A-Boo(Red Velvet)」の結果は?について調べてみました。

スポンサーリンク

 

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Peek-A-Boo(Red Velvet)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Peek-A-Boo(Red Velvet)」を披露した2組はこちらです。このメンバーでRed Velvet「Peek-A-Boo」披露し競い合いました。

第1組「Peek-A-Boo(Red Velvet)」メンバー

第1組「Peek-A-Boo(Red Velvet)」メンバー
・松井珠理奈
・イ・カウン
・アレックス・クリスティーン
・ワン・イーロン
・チャン・ギュリ
・ぺ・ウンヨン

このグループでメインボーカルを担当したのはチャン・ギュリさんでした。チャン・ギュリさんは収録当日、喉の調子が悪いことで自身の満足するパフォーマンスができなかったと悔やむことなります。

第2組「Peek-A-Boo(Red Velvet)」メンバー

第2組「Peek-A-Boo(Red Velvet)」メンバー
・加藤優香
・下尾みう
・ホン・イェジ
・イ・ユジョン
・キム・ユビン
・キム・ダヘ

キム・ダヘさんは母親が日本人、父親が韓国人のハーフであることから日本語も堪能な練習生でもあります。
グループでの練習中はキム・ダヘさんの通訳の力もありスムーズにコミュニケーションを取ることができました。
練習中、メインボーカルを務めたホン・イェジさんは高温の部分の音が外れてしまうのではないかと心配する状態になります。また下尾みうさんはダンスの練習不足から他のチームが勝つとトレーナーに言われてしまうこととなりました。

しかし結果は見事2組が勝利します。舞台でのパフォーマンスがとても良く、勝利という結果につながりました。

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」の結果は?について調べてみました。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」を披露した2組はこちらです。このメンバーでAOA「SHORT HEAR/タンバルモリ」披露し競い合いました。

第1組「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」メンバー

第1組「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」メンバー
・小嶋真子
・高橋朱里
・チョ・ユリ
・キム・シヒョン
・ユ・ミニョン
・キム・ミンソ

グループのセンターにはメンバーの後押しを受け高橋朱里さんが担当しました。
お互いを助け合うことで、いい雰囲気のグループとなりました。

第2組「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」メンバー

第2組「SHORT HEAR/タンバルモリ(AOA)」メンバー
・長谷川玲奈
・松岡菜摘
・今田美奈
・イ・シアン
・アン・イェウォン

当初センターをじゃんけんで決めようという流れがありましたが、イ・シアンさんが「表情が大切なセンターをじゃんけんで決めない方がいい」という一声で、センターを今田美奈さんが担当することとなりました。

このグループバトルの勝利を収めたのは第1組目のグループとなりました。

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「マンマミーア!(KARA)」の結果は?について調べてみました。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「マンマミーア!(KARA)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「マンマミーア!(KARA)を披露した2組はこちらです。このメンバーでKARA「マンマミーア!」披露し競い合いました。

第1組「マンマミーア!(KARA)」メンバー

第1組「マンマミーア!(KARA)」メンバー
・村瀬紗英
・中西智代梨
・パク・ミンジ
・パク・ジウン
・キム・ヒョナ

このグループはビジュアルが綺麗なメンバーが集まったグループとなっています。
またグループのチームワークがとても良く、メインボーカルを務めるプレッシャーに押し潰れそうになっていたパク・ミンジさんをメンバーが支えていました。
そして村瀬紗英さんはこのパフォーマンスで一躍注目を集めることとなり、韓国でも人気のメンバーとなっています。

第2組「マンマミーア!(KARA)」メンバー

第2組「マンマミーア!(KARA)」メンバー
・宮崎美穂
・村川緋杏
・篠崎彩奈
・チョ・サラン
・シン・スヒョン

このグループに参加した韓国人練習生はプロデュース48の中でも珍しいくらいの自信の無さを発揮していました。
そのメンバーを宮崎美穂さんが支え慰めていたグループでした。

このグループバトルは結果、第1組が勝利を収めています。

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「ハイテンション(AKB48)」の結果は?について調べてみました。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「ハイテンション(AKB48)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「ハイテンション(AKB48)」を披露した2組はこちらです。このメンバーでAKB48「ハイテンション」披露し競い合いました。

第1組「ハイテンション(AKB48)」メンバー

第1組「ハイテンション(AKB48)」メンバー
・中野郁海
・岩立沙穂
・茂木忍
・キム・ダヨン
・ユン・ヘソル
・チョ・ヨンイン

岩立沙穂さんがグループのセンターを務めました。センターを決定する際、グループメンバーの前でダンスと歌を披露します。
結果岩立沙穂さんがセンターを担当することとなります。

第2組「ハイテンション(AKB48)」メンバー

第2組「ハイテンション(AKB48)」メンバー
・竹内美宥
・小田えりな
・ホ・ユンジン
・キム・スユン
・チョ・アヨン

日本の曲を披露することとなったことから、このグループではセンターを韓国人練習生が担当した方が良いということで、ホ・ユンジンさんが担当することとなりました。

このグループバトルの勝利を収めたのは第2組のグループがグループバトルの勝者となりました。

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)」の結果は?について調べてみました。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)」を披露した2組はこちらです。このメンバーでBLAKCKOINK「BOOMBAYAH」披露し競い合いました。

第1組「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)」メンバー

第1組「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)」メンバー
・キム・ソヒ
・ワン・ソヨン
・パク・チャンジュ
・コ・ユジン
・イ・チェジョン

このグループはかなりいけてる感じの練習生が集まったグループとなりました。
「BOOMBAYAH」を必ず披露すると決めて選出したメンバーであったことかイメージ通りのメンバーが集まったグループとなりました。

第2組「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)」メンバー

第2組「BOOMBAYAH(BLAKCKOINK)」メンバー
・千葉恵里
・浅井七海
・佐藤美波
・浅井裕華
・ハン・チョウォン
・カン・へウォン

このグループのメンバーは課題曲が「BOOMBAYAH」となり、かなりのショックを受けていました。
曲中にラップ部分が多いことから必然的にラップを披露する必要がありました。
落ち込んでいたメンバーでしたが、リーダーをハン・チョウォンさんがセンターと共に担当することとなり、チームを引っ張っていきます。

このグループバトルの勝利を収めることとなったのは、課題曲が「BOOMBAYAH」となり落ち込んでいた第2組となります!
見事勝利を収めることとなった第2組のメンバーはうれし涙を流すこととなりました。

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Like Ooh-Ahh (TWICE)」の結果は?について調べてみました。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Like Ooh-Ahh (TWICE)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Like Ooh-Ahh (TWICE)」を披露した2組はこちらです。このメンバーでTWICEの「Like Ooh-Ahh 」披露し競い合いました。

第1組「Like Ooh-Ahh (TWICE)」メンバー

第1組「Like Ooh-Ahh (TWICE)」メンバー
・後藤萌咲
・ファン・ソヨン
・キム・チェウォン
・イ・スンヒョン
・キム・ドア
・パク・へユン

日本人だた1人としてグループに入った後藤萌咲さんは、韓国人の練習生とのダンスの実力の差から体が思い通りに動かずかなり悪戦苦闘しました。
しかし、必ずうまくなれる!というメンバーのサポートで必死にダンスの練習を重ねていました。
後藤萌咲さんは日本に帰国した時にもダンスに取り組むなどの努力を重ねていました。

第2組「Like Ooh-Ahh (TWICE)」メンバー

第2組「Like Ooh-Ahh (TWICE)」メンバー
・内木志
・パク・ソヨン
・イ・ハウン
・パク・ジニ
・チョ・ガヒョン
・チェ・ヨンス

このグループはなかなか息が合うことがなく、歌い出すと喧嘩に発展するなどなかなか練習が捗りませんでした。
そんなことで仲が悪い?と心配されることに…
リーダーについて話を受けたパク・ソヨンさんが力をだし、チームをまとめることで結束力を高めました。

このグループバトルでの結果は第1組の勝利となりました。

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」の結果は?について調べてみました。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」の結果は?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル曲「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」を披露した2組はこちらです。このメンバーでlol「Very Very Very/ノムノムノム」披露し競い合いました。

第1組「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」メンバー

第1組「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」メンバー
・白間美瑠
・本田仁美
・チェ・イェナ
・ナ・ゴウン
・アン・ユジン
・チャン・ウォニョン

このグループは「ミックスジュース」という名前での披露となりました。
白間美瑠さんがパフォーマンスの際に「可愛いメンバーがミックスされたら最強のミックスジュースになる」とマイクパフォーマンスをしました。

グループのメンバーにはラップ担当者がいませんでしたが、アン・ユジンさんがラップを披露するととてもしっくりきたことで、アン・ユジンさんがラップ担当となりました。
パフォーマンスでは一切ミスを出さなかったグループでした。

第2組「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」メンバー

第2組「Very Very Very/ノムノムノム(lol)」メンバー
・本村碧唯
・宮脇咲良
・クォン・ウンビ
・キム・ミンジュ
・キム・チョヨン
・イ・チェヨン

このグループはダンスのレベルが高い練習生が集まるグループとなりました。しかし、メンバーと曲のイメージが合わないと指摘を受けることとなります。
そのため、当初センターを担当していたキム・チョヨンさんから、宮脇咲良さんへセンターの変更が急遽パフォーマンスの2日前に決定します。
しかしパフォーマンスのリハーサルで宮脇咲良さんのパフォーマンスを見た先生から駄目出しを受けることに…
宮脇咲良さんの韓国語のラップの部分や、ダンスに問題があると指摘されてしまいました。

そのため、当初センターを務めたキム・チョヨンさんが再びセンターを務め、パフォーマンスすることとなりました。

https://twitter.com/k3pofutatabi2/status/1012733095408123909

このグループバトルでは第1組のグループが勝利を収めることとなりました。

続いてはPRODUCE48(プデュ48)のグループバトル結果と投票ランキングは?について調べてみました。

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトル結果と投票ランキングは?

PRODUCE48(プデュ48)のグループバトルの現場投票ランキングはこの通りになりました。ベネフィットありと、なしの順位はこちらです。

【ベネフィットなし】
1位 矢吹奈子
2位 コ・ユジン
3位 ホ・ユンジン
4位 後藤萌咲
5位 宮脇咲良
6位 チョ・アヨン
7位 チョ・ユリ
8位 イ・シアン
9位 浅井七海
10位 キム・ヒョナ
10位 村瀬紗英
12位 小嶋真子

【ベネフィット(グループバトル勝利者には1000ベネフィットが加算されます)あり】
1位 矢吹奈子
2位 ホ・ユンジン
3位 後藤萌咲
4位 チョ・アヨン
5位 チョ・ユリ
6位 浅井七海
7位 キム・ヒョナ
7位 村瀬紗英
9位 小嶋真子
10位 下尾みう
11位 白間美瑠
12位 キム・チェオン

この順位はベネフィット(グループバトルでの勝利チームに与えられる得点)が含まれた順位となっています。
その為、コ・ユジンさんはベネフィット抜きでは2位という順位だったにもかかわらず、グループバトルでは負けている為、1000ベネフィットはカウントされていないことから大きく順位を落とすこととなりました。

また宮脇咲良さんはベネフィットなしでは5位のポジションだったものがグループバトルで負けてしまったことから、なんと48位という結果になってしまいました。

宮脇咲良さんや、コ・ユジンさんの順位がかなり落ちてしまったことからグループバトルではかなりの番狂わせが発生することとなりました。

プデュ48グループバトル結果は?メンバー詳細も気になる!まとめ

プデュ48グループバトル結果は?メンバー詳細も気になる!について調べてみましたがいかがでしたか?
番組も中盤を迎え、グループバトルだけではなくポジション評価など、各練習生がデビューの座を競い合い頑張っています。
これからどんな展開になっていくのか目が離せられませんね。応援していきましょう。
最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク